2017-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016滋賀ラリー 四軒目『麺や 結』さん と

0008

昨日(16日)は、家に帰って「何やかんや」で、
「寝る」のが「真夜中」少し前に成りましたが、今日(17日)も4時前に目が醒めました。
「支度」をして、「京阪関目」に。
6:32に乗って、気温28℃の「京橋」で乗り換えて「淀屋橋」に。
「トイレ休憩」の後7:00発「出町柳行き特急」の、勿論の一番後ろの右側に。
「七条」で降りて、この所通っている道で「JR京都駅」に。
8:07米原行きで守山に半時間で着きました。「ホーム」を歩いていると雨が本格的に降ってきました。
「小降り」に成るのを待って「西口」に。
「開店」まで、時間は有るので、「駅前ロータリー」の向こうの「西友」さんに。
一回り、二周りして、前の道を「西」に進みますが、雨は殆ど上がってました。
「産婦人科」の角で北に曲がって、次の角、「お寺」の前の信号を渡って「細い道」を行くと、
急に「お店」が現れました。
「らぁ祭 滋賀ラリー」の三軒目は、「麺や 結」さんです。
ちょっと早すぎるので、「ぶらぶら」と戻って行くと「コープ」が有ったんで「一周」していると、
10時を回ったんで「お店」に戻ります。
「開店」まで50分を切っているので前で待たせていただく事に。
途中お店の「お姉さん」が掃除で「ドア」を開けられたんで、「目が会って」
 → 「早く来すぎまして...」と「しどろもどろ」な「ジール」でした。
「時間」が来て開店しました。
中に入って「鶏そば」の「食券」を買って「客席」の方に。
窓際に二人掛けと四人掛けのテーブルが並んでいて最大16名座れそうです。
「厨房」は壁で仕切られて「完全分離型?」です。
10分弱で今日も四角い塗りの「お盆お膳それとも?」に乗って出てきましたが、
その頃には席は一杯で、券売機の前で待たれている方も。
いかにも「鶏の脂」な?黄色目のクリーム色の「お汁」に、
大きな「チャーシュー」が一枚浮いていてその上に白髪ネギや貝割れが「一盛り」で、
赤い粉(唐辛子?)が散らされています。手前に茹でた「青梗菜」が乗っていて、
「見た目」で食欲をそそります。
「お箸」を「ガチャッ」と留めているのから外すのに手間取って、ちょっと慌ててから、
細目で真っ直ぐな黄色い麺を「お腹」に。
「ツルン」と落ちて行きました。
「青菜」は「シャキシャキ」で、「チャーシュー」の「脂」は「トロッ」として、
勿論シッカリ「肉」してます。
「濃いめのお汁」を飲み干して「ご馳走様でした!!!!」
「守山駅」に戻って、11:38の京都行きに。
「祇園祭り」の「巡航」で混みあうだろう「京都」を抜けて と、
「七条」から「京阪特急」に「丹波橋」で乗り換えて「伏見桃山」で降ります。
あのぉ〜、突然ですが、今日から始めます。
「歴史街道関西5私鉄おしすすめスポットスタンプラリー」(これからは「5私鉄ポン!」に)。
去年の「ボランティアガイドと行く」みたいな、コースでは無くて、
スポット(「パワースポット」「伝統遺産」「食グルメ」「偉人武将」の4種類で)が、
関西五私鉄で4カ所ずつで合計20カ所の「ポン!」が有って、
今年は「ビンゴ」とかでは無くて、「ポン!」の数で商品が当たります。
今日は「京阪電車編」です。
「琵琶湖線?」の「三井寺」は置いといて、
まずは「月桂冠大倉記念館(伝統遺産、食・グルメ)」に向かいます。
「アーケード」の途中で左にそれて、真っ直ぐ行って突き当たったら、ちょっと右に行ってまた南に。
 → 「そうこう」してる間に着きました。
「ポン!」は、いつも入り口の脇ですが、暑いから中に置いていただいてました。
 → 「有り難う御座います!!」
そのまま進んで、「中書島」から「準急」に。「八幡市」で降りて、「男山ケーブル」に。
13:15分に間に合いました!
「国宝石清水八幡宮(偉人武将、パワースポット)」に「すたこら!すたこら!」
「ポン!」は入って右側でした。下りは13:30に「ギリギリ」でした。
 → 来たときの「車両」ですよねぇ?
「樟葉」で「特急」に。「枚方市」で「普通」に乗って「枚方公園」に。
「西口」を出ると直ぐに「市立枚方宿鍵屋資料館(食グルメ)」を案内する看板が出ていました。
それに従って、「細い道」を進むと今度は「→」が目を引く案内板です。
そこから直ぐで到着しました。
入り口で「ポン!」を頂いて、戻りますが、「ホント」に天気良すぎます。
今日の「予定終了」して、「普通」で「大人しく?」帰る「ジール」でした。
(写真は、今年も出ました「120g ハッピーターン 七夕」です。
  「ターン王子派」の「ジール」は買わなければ成りません! → 「お星さま型」さぁ〜ん!)

吉本 と 大阪好っきゃ麺2016 麺JOY!SUMMER 十四軒目 中国料理 大成閣

0007

今日(16日)は、久々に「家の奥さん」とお出かけです。
 → 「ジール」が一人で「ほっつき歩い」てるんで仕方ないんですが...。
「お昼」を少し早めにして、13時には出発しました。
 → 「麦わら帽子」が似合う「イイ天気」ですが、「カンカン照り」では無くて、良かったです。
「谷町線」で「東梅田」に。
「御堂筋線」に乗り換えて。 → 「梅田」の改札を通るときは「ドキドキ」しました。
「なんば」に到着して、いつもの様に「トイレ」に寄ってから「改札」をでました。
「案内の地図と表示」に従って「上」に出ましたが... 「どっち」やろっ?
「肝心の時」に、頼りになる「家の奥さん」が「コッチ」と。 → 頼りにならないのは...
直ぐに「道具屋筋」にでて、「なんばグランド花月」が見えて来ました。
今日は、「JCBのポイント」が消える前にと、
「家の奥さん」が申し込んでくれた「吉本新喜劇」です。
 → 「ジール」が「いっぺん見に行きたいなぁ〜」と云っていたんで選んでくれました!
一階で、入場券と引き替えてから、一階と二階のおみやげ売場を見ても、
入場出きるまで、未だ1時間以上有るので、「道具屋筋」に。
  → ヤッパリ早く来過ぎる「ジール」です。
その後ちょっと行って「ダイソウ」に寄って戻ってくると、
「一階は入場待ちの方」で「大混雑」で、
何とか「エスカレーター」で二階に上がって待っていると「開場」しました。
「土日の午後」で「空き」を探したんで、
「一階」の「一番後ろ」の「左端」しか「二席並んで」は無かったので、
きっと席の後ろに立ち見の方が迫って「落ち着かない状態」に成ると「覚悟」してたら、
「左端」でしたが、「後ろ」に一列あって、一番後ろ「列」では無いんですが、
「端」の「三席分」は席が無くて「通路」に成ってて、「ジール」の席が「一番後ろ」に?
「立ち見席」は金属のポールを「リボン」を延ばして繋ぐ仕切で後ろの席より後ろに成っていて、
「ジール」の席の後ろは、空間が有りました!
  → 「余裕」が有ると云うか、後ろの列の端の方は「大変」そうでした...
 15:45からの「3回目」の公演は、
「博多華丸大吉」さんで始まって「のりおよしお」さんや「仁鶴」さんとかの「演芸」の後に、
10分ほどの休暇を挟んで、お待ちかねの「吉本新喜劇」で、
今日は「スッチー」座長の公演でした。
お馴染みの「飴チャン投げ」で始まって、「すんのかい!せんのかい!」は、
「ギターの方」も混じってのバージョンでした。
終わったのは18時過ぎで、お大声出して笑いっぱなしの「ジール」でした。
劇場内で売っていた「缶ビール(500ml)」と、
「ダイソウ」で買った「おつまみ」を食べながらでしたが、
やっぱり「笑い過ぎ」か「お腹」も空いて来たので「晩ご飯」に。
「花月」を出て北に進みます。
「ビッグカメラ」の前の信号を渡って、
「道頓堀」の「雑踏」(ホンマに「東アジア」の人多いわぁ!)を越えて、
「橋」を渡って「心斎橋筋」に。
こちらも「雑踏」を進んで「大丸」の「北館」の手前で東に曲がると「大成閣」に着きました。
勿論、「大阪好っきゃ麺2016 メンジョイ!サマー」の14軒目です。
「家の奥さん」と一緒に来られて「良かった!」です。
「一階」入って、初めて「右側」に。
「宴会会場」では無い「普通のお店?」が有りました。 → 「当たり前」ですが...
入って直ぐの三人掛けのテーブルに。
「ジール」は「焼きそば」、「家の奥さん」は「冷麺」で、
「エビチリ」と「ミンチとかを炒めたんをレタスで包んで食べるヤツ」をお願いして、
「エクストラコールド」の「スーパードライ」も。 → こちらが「メイン」か?
「吉本」が面白かった(「席」も良かった)ので、「二人」とも「上機嫌」で待っていると、
「料理」が運ばれてきました。
はじめに「エビチリ」。二人で食べるんで「一番小さいポーション?」にしましたが、
それでも大振りなエビが5、6個並んでいました。
たた、おなじみの「赤いタレ」は絡んでいなくて透明で、刻んだ「唐辛子」が絡んでいて、
「お酢」の「甘酸っぱい香り」しています。
そう云えば、「注文」した時に多分「ネイティブ?」のお姉さんが、
これですかと「メニュー」で確認されてました。
赤いのも有ったのかなぁ〜と思いながら一つ箸で摘んで口に。
エビは「ブリブリ」で「ピリ辛」もして十分に「チリ」で?、
こちらの方がエビの味が楽しめておいしかったです。
 → 「お姉さん」が「美味しい方を進めてくれたんだと、「イイ様」に考えるジールです!
「レタス」で巻くのは、「シャキシャキ新鮮」な「レタス」が良かった!
「焼きそば」は「青菜(青梗菜?)」が入っていて、「本格的」感?が有って、
「エビ」や「イカ」はこちらも「プリプリ」。
「冷麺」も分けてもらいましたが、細目の黄色い麺は喉越しが良く、
「タレ」にははじめから「溶き辛子」が混ざっている様で、
ちょっと「ツ〜ン」で「夏向き」感?有りでした。
先週「嵐山」で呑んだ「フローズン黒」の親戚?の「フローズン生」を追加でお願いしました。
「お腹一杯」で「御堂筋線」で「梅田」に。
行きしなに気になっていた、「赤い鞄」をちょっと見てから「谷町線」で帰る「二人」でした。
 → 「あぁ〜良かった!!!!!」
(写真は、「吉野川ハイウェイオアシス」で買って来た
   「ローディーちゃん(正式名称:ロディ)」と
      「物まね小猿(正式名称:ひとまねこざる)」の「ハンドタオル」です。
                                      →  何か?)

大阪好っきゃ麺2016 麺JOY!SUMMER 十三軒目 手打ちうどん ひだりうま

0006

今日(15日)は、17時40分過ぎて「会社」を出ます。
金曜日の18時前?と混んでましたが、
気が付くと「ドウチカ」から「阪神」に「阪急」と「地下」を走っていました。
 → 「スミマセン」m(_ _)m
汗かいて、阪急の駅三階で切符を買って「改札」を通ります。
今日も「ホーム」で「マイク」を握っていた「駅員」の方に、
「茨木市」行くにはどれに乗りますか? とうかがうと...
「ダイヤが乱れている」そうで、普段なら「あっちの列車」で
「どっかの駅」で「普通」に乗り換えたらイイんですが、
今日は「接続」されているとは思えないので、次の「特急」に乗って下さい。
(多分その様な内容と思います...)
18:00発の「特急河原町行き」が、18:05頃に到着しました。
「タイミング」が良かった様で、3分ほどで「そそくさ」と「梅田」を出発した時は、
車内は未だ空いていて、「十三」でカナリ「混んで」来ましたが、
「茨木市」で「スンナリ」と「ホーム」に降りられました。 → 「ホッ!」
ただ、茨木市を18:19発の予定が25分を過ぎていました。
「改札」を通って駅の西側に出て、南に進んで最初の「大きな道」に沿って「西」に。
「消防署」の所で、「グニャッ」と成ってますが、
更に進んで行くと向こうに「駅(JR茨木)」が見えてきますが、
その手前に真新しい「グルッ」と一周する「歩道橋」みたいなのが有ります。
 → その周りに「工事中」の場所もあり、「駅前」は「再?開発中」の様です。
それはそれとして?駅前を南に進んで、線路の下を潜って「西」に。
しばらく行って大きな道の「信号」を渡って、南を見ると「うどん」の「幟」が見えています。
「大阪好っきゃ麺2016メンジョイ!サマー」の13件目は、「手打ちうどん ひだりうま」さんです。
外のドアを中にはいると、もう一つドアが。
「アレッ!」と立ち止まると、「外のドア」が閉まってきて挟まりそうになります。
気を付けましょう。 → そこまでの「ボンヤリ」はそう居ないかも知れませんが(何故か「自慢げ」?)。
中にはいると「長い」カウンターがその奥にテーブル席。
今日は「カウンター席」の一番手前に。 → こちらは「壁際」の「隅」のなります!
上を見ると「カウンター席」側は「高い吹き抜け」ですが、
その向かいの「調理場」の上には二階が有るようです。 → 奥には「階段」も有りました。
「生醤油うどん大盛り(→ ホント、久し振りです!」に「ちく天」をお願いしました。
15分ほど待って出てきました。
「四角いお盆?」には、「白いお皿」で見るからに「ツルンなうどん」と、別皿で「ちく天」。
上に乗った「刻みネギ」「ゴマ」「大根おろし」を避けながら、
「うどん」を「お腹」に落として行きます。 → 最後に少し醤油を垂らします。
わぁ!「噛む」の忘れた!
「ちく天」は「サクッ。ふわふわ。」でした。
「ご馳走様でした!!!!」
 → やっぱり「生醤油うどん」がエエわぁ〜
「ポン!」いただいて外に。
帰りは、来た道より北に進んで「JR茨木駅」の方に。
「エスカレーター」で上がって、「駅」を通って、さっき見た「グルッ〜」とした所に出ました。
 → その場に立つと... 「そんなもん」かなぁ?
「阪急」に戻ろうと下に降りて歩き始めると「立ち呑処」の看板が光っています。
 → お邪魔しました、「北野酒店」さんです。
正面から左側が酒屋さんで、右側が「立ち呑み」の様なので右側に。
壁側にカウンターで、中にお店の「お母さん」がいらっしゃいます。
 → 「いつもの方」が奥側に3、4名で手前側に。
「常温」をお願いします。
「お母さん」のお勧めでで「奴」をいただきます。
「醤油」ではなくて「竜野」の醤油屋さんが作っている「お味噌(もろみ?)」で食べるそうで、
「お味噌」だけを少し食べて見ると、「濃い」んですが、「しょっぱ」過ぎなくて、
混ざっている物(「野菜」だそいです。)の「噛み心地」も気持ちよくて、
「酒」でも「ご飯」でも進みそうです!
「一瓶四百円弱」で販売もされているそうです。
 → あっ!買ってくるの忘れた。また買い(呑み)に行こう!?
「お豆腐」もお味噌に合わせって「木綿」っぽい「シッカリ」したヤツで、
「胡瓜」のざく切りも付いていて「もろ胡」も楽しめました。
途中からお店の「お父さん」も出てこられて、
入れ替わりは有りましたが「いつもの方」に混ぜていただいて、
「常温」は二杯で、「お煎餅」を追加して、
すっかり「イイ気持ち」に成って「茨木市」から「上新庄」で、
もうすぐ21時なんで「だいどう豊里」から「今里線」で帰る「ジール」でした。
(写真は、「ファンタすいか(+塩入り)」です。
     もうすっかりお馴染みの夏場恒例のスイカ味のドリンクです。
                        → ヤッパリ「赤い方」がイイ!?)

やっぱり「真田丸」

0005

17時過ぎに「会社」を出て、外にでると「パラパラ」と落ちてきました。
「四ツ橋筋」を南に進んで、「京町堀1」の交差点で「東」に。
「高速」の下を潜って更に進むと、向こうの歩道に「夜店」が並んでます。
今日は「ナカノシマ大学」の7月講義の、「講談 真田幸村の一生」です。
場所は、「御霊神社」の「儀式殿」だそうで、講師は「旭堂南海」さんです。
本降りの雨の中先ずは「お詣り」です。
少し時間が有りますし、「お腹」も空いてきたのでと、
「鳥居」から外に。「御堂筋」の方に行くと、「ガスビル」の角に出ました。
入り口のテラスも有るお店で「お握り」二個と「紅茶」で軽くお腹を満たします。
雨も「パラパラ」に成って、18時過ぎに「御霊神社」に戻ります。
「夏祭り」だそうで、雨の中「太鼓の音」が響いていて、
もちろん「境内」にも「夜店」が出ていて、
「家族連れ」や「浴衣の子供同士」もいて、ホント「賑やか」です。
「儀式殿」の前で待っていると、目の前で、御神輿を「井の字」に組んだ、
大きな大黒柱みたいな木組?から、ゆわいた、縄を解いて、木組も「バラバラ」にして、
「ライトバン」の「荷台」積んで行かれました。
その向こうでは、「天神祭」の「陸渡船」で派手な衣装の若者?が、
「右に左」に「ユッサユッサ」と振り回される「ヤツ」みたなんも、積み込まれています。
会場予定より10分早く入り口が開きました。
一番で受付して、一番前の真ん中の通路の左側に。
「儀式殿」の中は無垢の柱に明るいおめでたそうな壁紙で、一言で言えば「神前結婚式場」です。
舞台には金屏風を背にして真っ赤高座が準備されていました。
今日は、舞台に向かって「椅子」が並べられて、200人近くが入れそうな設営でした。
時間となり「お囃子」に乗って「南海」さんが出てこられました。
左手の和紙を束ねた「張扇」をタイミング良く「パンパン」と鳴らしながら「難波戦記?」の、
「販売」は幕府から禁止されていたが、「貸本」は許されていた?と云う「関西(大阪)版」から、
「真田幸村」が大阪城に「軍師?」として参上するまでのお話を
色々と「笑い」や「チクリ」を織り交ぜての90分の講義でした。 → 面白かった!!!!
終了後に「殺陣道協会」の方のまるで「仮面ライダーショウ」みたいな「パフォーマンス」も
有って21時前に終わりました。
「儀式殿」を出ると「境内」もその周りも未だ「夏祭り」の中を「おねむ」で帰る「ジール」でした。
「京橋」は21時を回っても「32℃」っす!
(写真は、確か「滋賀ラリー」帰りに「京阪七条」で「ぼぉ〜っ」と特急を待っている時に、
      何か気配がして、振り返って、思わず、iPhoneで撮りました。
                   → 見るからに元気が良さそうな「車両」でした?)

大阪好っきゃ麺2016 麺JOY!SUMMER 十二軒目 うどんの藤や

0004

朝は、うまいこと雨が止んでる間に「京阪関目」に着きました。
今日(13日)は「十三の日」です。 → かってに決めたんですが...
水曜日の「ノー残Day」で16時半で仕事を終わって外に。 → 昨日もだった様な...
今日も「阪急梅田」に向かいますが、「ユックリ」で大丈夫です?
久し振りの「神戸線」で「十三」に。
駅前の「火事の跡」も「建物」が出来てきています。
ホーム際の路地も、整備が進んでいるようです。
「ロータリー」辺りで用事を済ませて、
「駅前」に戻って「工事中」の様子を見ながら「踏切」に向かいますが、
出来上がっている「お店?」の「シャッター」に入居者募集の「貼り紙」が...
別の場所で再会されたお店の有るし、そうでない所は「今更」は難しいのでしょうか。
「阪急神戸線」を渡って、「JR」を越える「高架」の下は、
「うどん屋」さんも「立ち呑み屋」さんも、「閉店」された様で「看板」も無くなっていました。
「呑み屋」の「お父さん」がおっしゃられていた様に「バイパス」の「耐震工事」が始まるんでしょうか?
 →  何か寂しい「ジール」です。
その「バイパス」が終わると「うどん」の「幟」が見えてきました。
「大阪好っきゃ麺2016 メンジョイサマー」の12軒目は「うどんの藤や」さんです。
コチラのお店の前は、「散々」通って居ますが、おじゃまするのは「初めて」です。
入って直ぐが「カウンター」とその向こうに「厨房」で「両側」に「テーブル席」です。
「カウンター席」の奥は埋まって居たので、一番手前の「端」に。
「ざるうどん大盛り(二玉)」をお願いします。
「夜の営業」だからも有るのでしょうが、
壁には「ワンコイン(500円)で生ビールと串カツ2本」のセットや
「テーブル」には「飲み物(アルコール)」と「一品(おつまみ)」だけの
「メニュー」が置かれていたりと、「居酒屋さん」の雰囲気がしています。
10分ほど待って四角い黒塗りのお盆?に乗って登場。
上には刻み海苔。
丸い小皿には、「ウズラ卵」と「摺った生姜」に「刻みネギ」です。
見るからに「ツルリ」なうどんで、不器用な「ジール」は、箸から逃げて行きます。
何とか摘んで「お腹」に。 → 「ツルツル」と気持ちよく落ちて行きます。
途中で「薬味」を入れた「浸け汁」に。
 → あっ!「黄身」溶くの忘れた! けど、まぁ〜エエかぁ。
最後に残った「二本」を「モグモグ」。 → しっかりと跳ね返して来ます!
「ご馳走様でした!!!」
「ポン!」頂いて外に。
「十三」に戻って、「ブラブラ」して、見つけた二階の「立ち呑み」は「椅子」が有りました...
「常温」二杯と「豚足」で「ごちそうさま」。
久々の「十三大橋」を渡って、 → 「ドラッグストアー巡り?」で帰りました。
(写真は、「世界を掴め!錦織圭選手応援 黄金カレートリオ」です。
    → 「ワンピースの映画とのタイアップ」と喜んで買ったことは黙っておこう...)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。