2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016兵庫ラリー 八軒目『麺八一馬』さん とか

2017/07/31

今日(31日)は、6時55分に出発します。
えらいもんで、耳に痛い「蝉の声」も慣れてきました。
「関目神社」から「関目高殿」に。
7:14に乗って「東梅田」に。
「阪神電車」に向かいます。
7:27発の「直通特急姫路行き」に。
 → 「座席」がほぼ埋まるぐらいで出発しました。
「新開地」で「トイレ」に寄って「神戸電鉄」に乗り換えます。
8:22発の「粟生ゆき普通」に。 → こちらは空いてました。
終点まで、「一番後ろの車両」は、20名は乗ってませんでした。
「列車」の中で、「乗り換え」を調べると「JR加古川線」の「西脇市」行きは、
9:36でその次は11時過ぎになります。
9:20分を過ぎても、未だ3駅有りました。
「心配性」の「ジール」は「間に合うのか」と「ドキドキ」していましたが、
やっぱり「連絡」しているみたいで、9時半には「粟生」に着いて、
「神戸電鉄」分を精算して、「JR」の切符を買っても未だ時間が有って、
日陰の殆ど無い「ホーム」で1、2分待つことに。
10時前に「西脇市」に。
「トイレ」に寄ってから、改札を出ましたが、早すぎるんで「駅の待合い」で休憩です。
確か先月に「らぁ祭」で、一度来てます。その時に「場所」も確認しているので「大丈夫」です?
「らぁ祭2016兵庫ラリー」の8軒目は「麺八一馬」さんです。
「地方卸売市場」の敷地内のお店で、
「生鮮品」の「直販場」が隣にあって、そちらに来られた方の「乗用車」が「駐車場」に並んでいます。
10時50分に着きましたが、今日も日陰でベンチも有って、
「心地良い風」も通るので「ユックリ」と待てました。
お店の準備で出入りされる「大将」に言葉を掛けていただいて、
「冷たいおしぼり」を出していただいたりで、時間が来て「暖簾」を出されました。
「カウンター」の一番奥の「壁際」!に座って、「一馬の白」をお願いして、
「ラー祭PASS5」で「チーズ」のトッピングをいただきました。
「ポン!」もいただいて、しばらく待って、大きく開いた「白い丼鉢」が来ました。
器の縁の部分に「梅のソース」が「山並み?」か「カモメ?」の様に乗せられていました。
 → 「赤色」が入ると、何か食欲わきますねぇ〜?
「油」は「ピーナッツオイル」でお願いしましたが、よく判りませんでした?
麺は「真っ直ぐ」と「手揉み縮れ麺」の両方を頂くことができました。
黄色い「ツルン」な麺は、どちらも
「喉越し」良く「お腹」に。
縦半分の「玉子」は、「プルトロ」でした。
「チャーシュー」は3枚で、「鴨の薫製みたいなん?」と
「鳥の白いん」(「梅のソース」が良く合います。)に、
「普通のん」はしっかり「肉」してました。
「お汁」は「醤油味」でしっかりと「お出汁」も利いていて美味しかったんですが、
次第に「溶かしたチーズ」が利いてきて「イタリアン」な感じに...。
「両手」で飲み干して「ご馳走様でした!!!!」
ちなみに。このときカウンターに並んでいた「ジール」を含めた4名中3名は、
「ポン!」の方でした。 → もう一名は「不明」です。
「直売所」を「ブラブラ」して「駅」に戻ると12時少し前でした。
12時半頃に「加古川行き」の列車が到着島jした。
 → 車内に入ると「涼しい〜!」
「粟生」で神戸電鉄の13:10発の「新開地行き急行」に。
 → こちらは「節電モード」でした。
「新開地」で14:18の「阪神梅田行直通特急」に。
 → 左窓側の席に座れました。
「魚崎」で降りて、駅の南側に出て、そのまま南に進みます。
国道の下をトンネルで潜って、さらに進むと、「電柱」に「案内」が出ていました。
大きな道路に出たら東に進むと着きました、
「5社私鉄ポン!」「阪神電車編」の「浜福鶴吟醸工房(伝統産業 食・グルメ)」さんです。
お店の中で「ポン!」できます。
当たり前ですが、お酒が並んでました。
今回は、「名物大吟醸ソフトクリーム」で我慢することに?
滑らかで美味しかったんですが、
「2ビットの舌」には「大吟醸」は確認できませんでした。「スミマセン」
駅に戻って、「冷房」の利いた「待合室」で「ホッ!」としてから、
15:17の梅田行き直通特急に。
「もう一箇所」のつもりでしたが
時間も有るし、明日から会社も有るので真っ直ぐ帰ることに。
「東梅田」から谷町線で「関目高殿」について上に上がると、
妙に「涼しい風」が吹いていて、北から北東の空が暗くなっていました。
「雨」来そうです。
 慌てて帰って「シャワー」を浴びた所で、外から「大きな雨音」がしてきました。
 → 「良よかったぁ!」
(写真は、「腰に引けた信号のボタン」です。
             「引っ込み思案」やなぁ〜! → そのままやでぇ〜?)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。