2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016滋賀ラリー 七軒目『バリバリリョニー竜王店』さん

20160727

今日も4時前に目が醒めました。22時過ぎに寝たから、5時間は寝てるから、大丈夫かなぁ〜?
 → 「夏バテ?」気味でチョット不安な「心配性」です。
今日は「関目」から6:33に乗って「京橋」で「淀屋橋行き」に。
「トイレ」に行って戻って来ると、6:50の出町柳行き特急は乗って来た「緑の電車」です。
ちょっと迷って7:00を待つことに。
で、 やって来たのが「緑の電車」。
 → そんなに急がないので「もう一本」待つことに。
何か様子が変やと後ろの3ばん乗り場の表示を見ると、次の特急は「こっち」みたいです。
幸い、「お一人」しか並んでられ無かったんで、
7:12発の「出町柳行き特急」の一番後ろの左窓側に座れました。
8時前に「七条」に到着して、「トイレ」に寄ってから、「JR京都駅」に向かいます。
8時半前の「米原行き普通」がホームに停まっていましたが、
そんなに早く行っても「アレ」なんで... → 9時か9時半で十分です。
「駅の中」を「ウロウロ」してからホームに戻ります。
 → 今度食べたい「モーニング・メニュー」も見つけました!
9:32の米原行き普通に。 → 「12両目」は空いてました。
40分弱で「篠原」に到着。
駅の北側の「国道」を真っ直ぐに行くと近いのですが、
電車の中でiPhoneで「ストリートビュー」を見ていると
(最近、なんとか使える様に成ったんで...)、
歩道も無くて危なそうで、西側を「グル〜ッ」と回って行くことに。
でも、南口を出ると出来立てみたいな「真新しい道路」が南と東に?
取り合えず地図に載っていた東に歩いて、突き当たりを南にで、
そこから西に「グル〜ッ」と回って(ここら辺も「真新しい」)、
「新幹線」を潜って道なりに進んで「大きな道」にぶつかったら、
道なりに東に(歩道が無いところは「わき道」を歩けました)。
最後にちょっと迷いかけましたが、結局「西横関」の交差点を越えて東に進むと直ぐでした。
「らぁ祭2016滋賀ラリー」の7軒目は、「バリバリリョニー竜王店」さんです。
11時10分過ぎでしたが開いてました。
広い店内ですが、カウンター席の端が空いてました!
お店のお姉さんが来られてので、
メニューに「人気ナンバーワン」と書れていた「バリとんラーメン」をお願いします。
「ポン!」をいただいて「トイレ」に行って暫くで、「銀のお皿?」に乗って出てきました。
「紺色の丼鉢」に刻んだネギがタップリの、見るからに「とんこつ」な「お汁」です。
太めの「ツルン」な「黄色い麺」は喉越し良く「お腹」に。
「のり」の後は、大きな薄目の「チャーシュー」が二枚。
しっかり「肉」していて、「噛み応え」もシッカリしています。
「葱」の「歯応え」と「香り」をアクセントに「丼鉢」を両手で持って「お汁」を飲み干します。
「ご馳走様でした!!!!」
帰り道は、はじめに「東西南北」で迷いましたが?、その後は「順調」で?、
12:30の普通に間に合いました。
「混ん」でましたが、二駅めで座れて「ホッ!」。
「京都」で降りて、「京都タワー」B3Fで「ひとっ風呂」と
地下街から入って「エレベーター」に。
「通路」を歩いていると、「ピィーピィー」と音がしていましたが、
「お風呂屋」さんからでした。
毎月26日は「限定の湯の日」だそうで、
昨日(7月26日)は「アヒルちゃんの湯」だったそうで、
「アヒル村長?」のお風呂に浮かべる「オモチャ」がいっぱい浮いてたそうで、
その水抜きされてました。
帰るときも「ピィーピィー」でした。
 → 至ってマジに真剣な顔でされているので、「笑顔」になれました。
 → 「ありがとうございます」
「チョット」寄(酔)って行きたいなぁーと、
昨晩見つけた「酒屋さん」を見に行くも「夜だけ」の様で閉まってました。
「それでは」と、といつも見ているお店はお昼は14時までで、
こちらも「準備中」の札が出ています...
「喉の渇き」は「京阪七条」の260mlのチビこい「コカコーラゼロ」で何とかして、
14:16の淀屋橋行き特急に。
青い「3000系」車両でしたが。一番後ろの一列だけの左窓側に座れました。
「京橋」は「37℃」でしたが、串カツの「まつい」さんに。
奥のカウンターに入れました。
珍しく、「温澗」は頼まずに、「生中」と「レモン」で
「ハムかつ」「レンコン」に「アスパラ」で切り上げて、
「Aープライス」で「ちゃな豆」とかを買って帰る「ジール」です。
(写真は、「京阪七条」から歩いて、
   「JR京都駅」に向かう「地下道」を降りた所にある「丸柱」です。
 「何様式」か「ジール」には判りませんが、この端に「一本」だけ有ります。
  これ抜いたら、地下道の天井が「ダラダラダラっ」と、
   順番に落ちて行きそうで、やってみたい衝動に駆られます...
                      → 「抜け」ませんけどねぇ〜?)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。