2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日に備えて

20151218

木曜日(17日)は会社の「忘年会」でした。
21時前に終わって、「駅前ビル」の「新地」側を帰りますが、「冷えて」来ました。
金曜日(18日)は、「十三」で終わって、「明日」が有るんで、
「十三大橋」を渡って「中津駅」で下に降りて「JR」を潜りますが、
「豊崎」の方には曲がらずに「中崎」の方に。
ちょっと違う「路地」を歩いて、
「天五中崎のアーケード」のチョット手前で何時も待ちが出ている「お肉屋さん」の
「高級精肉 ミートショップ ヤマタツ」さんです。
本当に長いこと前は通っていますが、
いつも店の入り口で上げている「コロッケ」や「カツ」を買う方が並んでられます。
「軽く?」呑んで帰るので、何かお腹に入れておこうとうかがいました。
2、3名の方が待っておられましたが、
「コロッケ¥80」と「ミンチカツ¥90」を各一個お願いします。
お店は、奥に「お肉屋さん」の「ショウケース」越しのカウンターがありますが、
入り口の大きな「フライヤー」の横には、
金属性の大きな「四角いトレイ」に多分「コロッケ?」が山盛りで、順番に揚げらげています。
待てられた方が山盛りの「一袋」を買って帰られた後も、順番に「油」の中に入って、
「取りに来られる方」か「出前」用でしょうか?
それと一緒に「ジール」の分も「小さな袋」で出てきました。 → 「二個」ですからねぇ〜。
早速、手を突っ込んで片方を掴もうとすると、「熱い!」 → 揚がり立てですから。
何とか掴んで、「パクリ」。 → 「ミンチカツ」です、衣は「サクッ」で中は「じゅわぁ〜」です。
熱々の「肉汁」が美味しいです。
厚みはそこそこですが、十分な大きさで、一枚食べ終えると「肉を食った感」があります!!!!
「ぬくご飯」に「千切りキャベツ(人参や貝割れを混ぜればその方がイイ様な...)」を乗せて、
その上に熱々の「このミンチカツ」を二枚も乗せれば十分なご馳走です。きっと!
残りの一枚は「コロッケ」です。
少し丸みを帯びた「フォルム」で、指で摘むと「ぐちゃっ」と凹っこみました。
いったん、指を離して、今度は「そっ」と摘みます。
「パクリ」といくと、マッシュされた「お芋」は、舌触りも「円やか」で、
脂っこさは余り感じず、ほのかな甘みが広がります。
あと10円で「あのミンチカツ」が買えると考えると「アレ」ですが... → 美味しいです!!!
無事に食べ終えて、既に「カウンター」は一杯の「立ち呑み屋」さんを越えて「信号」に。
渡らずに南に、
「JR環状線」の所で渡って、「あっち」を見ると「鳥坊」さんは、シャッターが降りてました。
「天満駅」の北側の「路地」に入って、
「明日」に備えて「栄養」を取ろうと「奥田」さんの「一号店」に。
未だ18時前で、入って直ぐのカウンターの一番右側が空いていました。
ちょうど角の所です。
新しい「お母さん」に、「常温」に「やっぱりこの季節は!」の「かきフライ」を二本お願いしました。
「揚げてるんで待ってねェ」とのことで「お酢の物」を追加します。
「ガラスコップ」が半分空いて、「小皿」が空に成った頃に、いつもの「丸皿」でやってきました。
片方の串には二個、もう片方にはが三個の「かき」が刺さっました。
 → もちろん二個の方が大きい「かき」ですヨ!
「ウスター」に「醤油」に「酢と辛子」と「そのまま」と食べている間に「常温」の二杯目も半分に。
「いわし」「マグロ」「レンコン」「ごぼう」を追加して、「残り半分」も無くなりました。
「ねぎま」と「ワカメ」を追加して、〆の「ギネス」もお願いします。
気が付くと壁側の「テーブル」にも背広の「団体様」が来られています。 → 「忘年会」?
「ご馳走様でした!!!」
久しぶりの「ぷららてんま」の地下でお菓子を一袋買って帰る「ジール」でした。
(写真は、「今年も」の「クリスマスCD」の、「ウィンターズ・ナイト/スティング」と
    「メリー・クリスマス、ベイビー/ロッド・スチュワート」です。
          → 多分「アップルミュージック」で聴けるんでしょうが....) 

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。