2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヌードルジャ 10麺や輝 淡路店 さん

20150914

「土日」と外に出ていると、一日に二時間も歩いていないのに疲れてます。
それでか、「鞄」が重く感じながら会社に到着。
 → 何と「トマトジュース」が二缶入ってました!(そら、重いわ!)
そんな「すっとぼけた」一日も、日がそろそろ傾いてきた夕刻に、
「渡辺橋」から「なにわ橋」で、「北浜」から「北千里行き」に乗り込みます。
「トマトジュース」はお昼に一缶飲んで、もう一缶は、デスクの上です。 → 鞄も軽るなってます!
17時10分に、「今日も」の「淡路」に到着しました。
「西口」を出て、駅前の「アーケード」の横のを斜めに入って直ぐです。
「ヌードルジャ」の10軒目は「麺や輝 淡路店」さんです。
未だ明るいものの、日は陰っていて、涼しい風が吹いています。
開店まで45分有ります。
並んでおられる方もいらっしゃいませんし、ちょっと「アーケード」を見に行きましょう!
隣接した「公認 地蔵市場」から「アーケード」に...
「あっ!」「アッ!」「あっ!」とものの1、2分で「立ち呑み」の看板を三軒見つけました!
何か幸せな「ジール」です。
でも、「ヌードルジャ」です。
 → 「お店」に戻って、「ヌードルジャ」の「幟」と「一日一麺」の前で待つことに。
18時10分前頃から「シャッター」の向こうに人の気配がして来て、
18時5分過ぎ頃に「シャッター」が開きました。
券売機で「らーめん」の券を買って、引き戸から入ると、中は「二等辺三角形」で、
「二等辺」が「L字型のカウンター」で、奥側の端に座りました。
 → 奥側の席の後ろの「引き戸」を開けると「地蔵市場」に出られます。
カウンターの中が「調理場」で、「長辺」の壁に「寸胴」や「茹で釜」が並びます。
「大将」と「お兄ちゃん」が二人で、「作り方」を口移しで教えてられる様です。
暫く待ってやってきました。
「の穴」程では無いんですが、「硬目」の麺をお腹に落として行きます。
上に掛かっている、「鰹」よりは「上品目」な多分魚の削り節も絡んで、「魚」の風味が利いています。
細長い「メンマ」の後は、長方形の「バラ肉」の分厚い「チャーシュー」で、
はっきり「肉」していて「うまい!」。
「ドロッ」といた「お汁」を飲み干すと「魚粉」の固まりが「底」に。
「ご馳走様でした!!!!」
 と、外に。
「やっぱりねぇ〜」と気になっていた一軒に。
「アーケード」にある「竹村酒店」に。
向かって左側の半分程が「酒屋さん」で、残りが「立ち呑み処」です。
「ビニールシート」を潜って中に入ると、既にお二人おられます。
入り口側には、一人寡黙に呑まれている方が、
奥にはお店の「お母さん」と楽しく話しながら呑まれている方が。
その真ん中に立って、「常温」をお願いします。
「何にしようかなぁ〜?」と店内を見回すと「いかり豆」が...  → 下さい!
豆を摘んで、コップを空けて行きますが、前を見ると「前金でお願いします」と...
 → 「スミマセン」と慌てて「千円札」を財布から。
「奥の方」と「お母さん」のお話に混ぜてもらって、
「入り口の方?」とも一言二言お話してから帰りたかったんですが、
余り「ユックリ」すると「飲み過ぎ」になるので、
「ご馳走さま」と外に出て、金曜日と同じ道で帰ってゆく「ジール」ですた。
 → 楽しかった!
(写真は、「家の奥さん」が買って来てくれた「明太唐辛子」と「柚子こしょう」のふりかけです。
       「食欲の秋」でまた「体重」と「お腹周り」が...
              → でも「緑」と「赤」でチョット早い「クリスマス」です!)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。