2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の寺町

20150704

4時前に一度目が醒めたのに、気が付くと6時前。
 → 慌てて「食パン」を切る?
怠けてた「洗濯」に掛かります。
頭を剃って、シャワーを浴びて、出発は9時過ぎに。
「ポツポツ」と落ちてくる中を「関目神社」に。
そこから、20分弱で到着しました。 → 「おしっこ飛ばし」の「お医者さん」です。
「呑み薬」があと一週間程で無くなるのですが、「平日」は無理なので、
先生が、第一と第三土曜日には出て来られるので、「今日」しか有りません。
70日分の「処方箋」を持って、「四つ角」の向かいの薬局に。 → 「420錠」です。
「都島」まで歩いて10:33の列車で「東梅田」に。
今日は「阪神電車」に乗ります。
「大物」までの190円の「乗車券」を買って「改札」を通って、10:52の「普通」に。
「リュック」から「BINGOdeポン」のパンフレットを出して、
阪神電車Bの「今も残る近代建築にふれる尼崎歴史めぐりコース」の
地図でコースを確認します。 → アカン!「雨模様の暗い空」で「小さな字」が読まれません。
11時10分に「大物」を出て、「Bコース」をスタートします。
「大物主神社」を過ぎて、「どの角」を曲がるのか迷っていると、
「自転車」で通りかかった「お母さん」が、「どないしたん?何探しとん?」と声を掛けてくれました。
「あのぉ〜、週便局はどっちになりますか...?
  → コースでは、「角」を曲がると「郵便局」の前を通るので...
「郵便局やったら「あそこ」に有るよ」と目の前の「角」を曲がった方を「指さし」ていただきました。
そちらを見ると、赤い「郵便マーク」が見えています。
「有り難う御座いました!」と「お辞儀」をしてから歩き出します。
「中学校の分校」を過ぎて、「一つ目のポン」の「尼崎市立文化財収蔵庫」に着きました。
立派な石造りの門の中は「ロータリー」に成っていて、
戦前の「女学校」と云う建物が見えてきます。
「事務室」の前で「ポン」して、折角なんで「見学」して行きます。
「埋蔵文化財」などが展示されている様で、
「尼崎城」の模型や「しかの描かれたイイダコ壺」とかの展示がありました。
外に出て更に進むと、石垣のある「尼崎中央図書館」に出ます。
「川」を渡って、川沿いに北に進むと「阪神尼崎」です。
駅の北側に出て「商店街のアーケード」に。
12時前で、そろそろ「お昼」の時間ですが、
「コース」通りに曲がると、目の前に「本格讃岐うどん 穂乃香」さんです。
「おろし醤油」の「二玉」をお願いします。
「4」の札を頂いて、「カウンター席」の入り口側の端で待っていると、
お店の「お父さん」に持ってきていただきました。
極太で「ツルピカ」のうどんを「お腹」に落として行きます。
途中で「レモン」を絞って、「大根おろし」に「醤油」を掛けて、最後は「モグモグ」。
「ご馳走様でした!!!!」
ここからは、「寺町」に向かいます。
以前から「阪神電車」に乗っていると、
「尼崎駅」の「西南」に「お寺」が集まっているのには気が付いていたので、
「BINGOdeポン!」で、「上手いこと」に訪ねることが出来てよかったです。
路地に並ぶ「お寺」の前を通って、「貴布神社」で「二つ目のポン!」。
更に「路地のお寺巡り」を続けて、
「中に入り易そうなお寺(「大覚寺」)」にお参りをして出て、
少し東に、「たこ焼き屋さん」を発見しました。 → と云うか「お寺」の正面で営業されてました。
「7個百円」と驚く値段です!
お店の前に丸椅子が出ていたので、「此処で食べられますか?」と伺うと、
「コッチに入って」と「(多分)玄関」を開けて中の椅子を進めて頂きました。
「14個」でお願いすると直ぐに「丸いお皿」で出てきました。
「お父さん」と「お母さん」がお二人でやってられて、
つい色々とお話をさせていただいて(主に「お母さん」と)、
「大覚寺」は節分の日に「豆捲き(昔は「お餅」も捲いていたのが、
当たるとケガするので無くなったそうです)」や「奉納の「能?狂言?
 → 「鬼」が出てくるそうです)」が有って、年に一度「賑わう」そうです。
最後に「尼崎信用金庫」の「貯金箱博物館」を薦めていただいて「ご馳走様でした!!!」
「それでは!」と、突き当たりを北に進むと「ゴール」の「阪神尼崎駅」ですが、
反対に曲がって少し進むと、「尼崎信用金庫本館」の向こうに「世界の貯金箱博物館」です。
 → 「無料」です!
入ると直ぐに「全員集合・キャラクター貯金箱 夏休み特別展」と云うことで、
「ウルトラマン」「ドラえもん」「スターウォーズ」「ディズニー」などが大集合で、
珍しい「目を開けたスヌーピー」や「口のあるキティーちゃん」の貯金箱も並んでいました。
「館長?」「学芸員?」の方に説明していたいただき、
「お金」を入れると「動き」や「音」や「風?」が有るものは、実演もしていただけました。
そして、「旧本館」と云うことで?、
「MADE IN 日本」と題された日本の昔からの「貯金箱」コーナーは「金庫」の中で、
その「扉」は「重々しく」て「分厚く」て、中に入って振り向くと「金庫破りの気分」も味わえます?
二階までスッカリ楽しんだ後は、「お土産」まで頂きました!
「有り難うございました!!!!」
道を挟んで向かいの「酒屋さん(お米もやってられる様ですが)」が、
ガラスのカウンターの上に「スルメ」とかの入れ物が並んでたりして、
多分「立ち呑み」出来るみたいでそちらも気になりながら来た道を引き返して、
「そうや!お礼ゆっとかんとあかん!」と、途中で折れると、「虫が知らせ」たんか?
「たこ焼屋さん」の「奥さん」もお店から出てこられました。
少し離れていましたが、大きく「お辞儀」して、
「おもしろかったです!」「行って良かったです!」「そしたら、失礼します!」
 → 「それは良かったわぁ」「わざわざ有り難う」
「尼崎駅」で「ゴール」ですが、「大物」の方が梅田まで4、50円安いので、
「尼崎車庫」の横を通って戻って行く「ジール」でした。
(写真は、コレからの季節にピッタリの
    「けろけろカエルさんのハンドタオル(おしぼりとも云う)」です。
                    → でも、夏に成っても使う予定ですが?)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。