2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もグル~ッと2015(四日目)

20150502

昨日(1日)は、洗濯してから寝たので真夜中前でしたが、2時半過ぎに目が醒めました。
「ウトウト」していると、4時にセットした目覚ましが鳴ります。
準備して5時過ぎに出発します。
高知駅に着いて、「後免」までの切符を買って「ホーム」に。ちょうど朝日が登って来ました。
5:31に発車。50分少し前に「後免駅」に到着して、
ホームに降りてこられた「車掌さん」に切符を渡します。
階段を上がって向かいの「土佐黒潮鉄道」のホームに。
0番線に一両の列車?が停まっています。
 → これから乗る6:21発の奈半利行きです。
今日は二往復する予定で「一日券」を買うつもりですが、駅の窓口は6時半からの様です。
車内で「車掌さん」からも買えるそうですが、乗るのは「ワンマンカー」です。
どうしようかとホームに戻ると、車内に人影が、暫くして「ドア」が開いたので乗り込むと、
「制服姿」の方が、「すいません、一日券買いたいんですが...」とおたずねすると、
「手配」していただけることに。 → 「有り難う御座います!!!!」
今日は、一日「電車三昧」の予定で、昼過ぎまではこちらを「二往復」です。
暫くすると、先ほどの方が戻って来られて、「お釣りは...」 → 「ちょうど有ります」
そのまま、運転席に行かれました。
定刻に走り出しましたが、
各駅には地元出身の「アンパンマン」の作者が作ったキャラクター
(駅名や名産などに引っかけたます)が有るのは「お遍路」で知っていましたが、
駅のホームだけではなくて、「車内放送」でも流されて、
車内の網棚の上にもキャラと名前が「ズラァ〜」と並んでいます。
駅ですれ違う列車のそれぞれのデザインに見とれながら進んで行きます。
「安芸駅」の「ホーム」に「駅員さん」が「一日券」を持って待ってられました。
 → 「有り難う御座います!!!!」
終点「奈半利」に7時半前に到着して、「トイレ」に行って戻ってきて、
扉がもう一度開いたので乗り込みます。今度は7;41発の快速高知行きです。
「後免ー高知」の切符は買っていないので、「車掌さん」に精算してもらいますが、
いただいた切符?の右下にも、乗務員さんのキャラが二人載ってます。
 → 持って帰る訳にも行かないので(?)「パチパチ」。
9時前に「高知駅」に到着。
北口の「バスターミナル」で「路面電車」の一日券を買ってから、「おみやげ」を物色して、
40分過ぎに再び「4番線ホーム」に。
一本前の「電車」が出て、
暫くすると「乗務員さん」らしき方が大きな鞄を持って上がって来られたので..
「すいませんオープンデッキの電車はどこから乗りますか?」と伺うと、
「場所」まで案内していただけました。 → 「有り難う御座います!!!」
既に二人ならんでられました。 → 「専門家?」
10:19が近づくにつれて、「列」が長くなって、
何故の「先頭付近」に並ぶ「人影」も出てきました。
列車が到着する頃には、逆方向にも十人近くの列も出来ていました。
取り合えず「ジール」は四番目?で中に入って、デッキ側の席に座りました。
海側(進行方向右側)にデッキが有るので、
ちょうど真ん中に二人掛けの座席が10列ほど並んで、
「デッキ」の逆側は通路に「補助席」が並んでいます。
「デッキ」目当ての方と「普通」に乗ってる方が混ざり有って定刻に発車しました。
「子供連れ」も多くて、先ほどの列車とは雰囲気が違います。
「後免」を過ぎて「土佐黒潮鉄道」に入ると「デッキ」の「ドア」が開きました。
直ぐにデッキも一杯になります。
 → 「ジール」は「窓越し」で「イイ」でしょう。
そのままで「トンネル」に入ると、「デッキ」の方は「バタバタ」とはためかれています。
それを抜けると、砂浜沿いの太平洋の景色が開けました。
「安芸」を過ぎて、車内も(デッキも)空いて来たので、
「リュック」を持って「デッキ」に出ました。
取り合えず「寒い」。
「車内」もホントに「イイ天気」の為か「冷房」がよく効いていて、
「半袖半ズボン」の「ジール」は体が冷えて来ていました。
「デッキ」は「お日さん」で「温い」のかと思ったら、日差しは直接入ってこないし、
「風」は来るので、「中」より寒かった。
そして、直ぐに「トンネル」に入りましたが... → 「前」を見ると「息」が詰まります。
後ろを向いて何んとか「息」をしていますが、それでも「苦しい」。
それで、更に寒い。
トンネルを抜けて「下山」に着いた所で、車内に戻って、次の「唐浜」でおりました。
こちらは、「遍路」の「神峰寺」に最寄り駅で、
「とうのは まてんろ君」が駅のキャラクターに成っています。
昨年10月に「バス遍路」に来た際に、
「へんろ君」の「バッチ」を一個買いましたが、「家の奥さん」に。
で、今回は、それとか「色々」と買いにやって来ました。
 → 今回「高知」に回ってきた一番の「目的」かも...。
「ツアー」で寄ったお店に伺うと、
「ストラップを三日前から販売開始した!」との「お母さん」情報があり、それも購入。
駅へ歩いていると、どこかで見たような電車が、
 → 乗ってきた「何とか君2号(帰りは何故か1号)... → 行っちゃいました。
半時間ほど待って、「奈半利」行きにのりました。
 → 「冷房」が効いていて「気持ちイイ」です(?)。
「奈半利」で少し待って、再び乗り込み「高知」に向かいます。
一駅手前で降りて、少し西の踏切を南に進むと到着しました。
「大阪王将高高知南川添十石店」さんです。
勿論「餃子二人前とご飯大盛り」をお願いしました。
10分程で出てきました。
ツヤツヤで焦げ色が食欲をそそります。 → 一つ取って「タレ」をつけて口に。
熱々で「パリパリ」でしたが、餡が半分落ちました。
美味しかったんですが、皮が直ぐに解けるのがちょっと「残念」でした。
「ご馳走様!!!」と外に出て更に南に進みます。
橋を渡って、次の大通りには、真ん中に「線路」が四本。
目の前の「知寄町」から「後免町」行きに乗り込みます。
 → 電車の正面には「ごめん」のひし形のプレートが目を引きます。
25分程で終点「後免町」に到着しました。
「土佐黒潮鉄道」の「後免町駅」の目の前でした。
 → 初めは(町中では)、車道の真ん中を走っていましたが、
その内に車道の横に線路が四本並ぶ様になって、場所によっては独立して「踏切」が有るところも。
折り返しの16:07発鏡川橋行きに乗り込みましたが、
「県庁前」で降りて、もう片方の「終点」の「伊野行き」を待つことに。
 → 西日が眩しい時間です。
17時15分頃にやってきました。
 → 乗り込んでから気が付きましたが、顔の左側と左腕が「ヒリヒリ」してます。
暫く進んで「グルッ〜」と曲がって「単線」に成ります。
引き込み線で待って、すれ違う「電車」と「輪っかのん」を交換するとのも「パチパチ」。
終点で一度降りてから、18:01発文珠通行きに乗り込みます。
「夕暮れ」が近づいてきたようで、窓からの風も心持ち「涼しく」なって来ました。
「はりまや橋」の少し手間で降りて、
「バスお遍路」で「ミレービスケット」の小袋が四個続きを5種類買った「スーパー」に。
あれっ!今日は4種類しかない!「ブラックペッパー」を二つ買いました。
結局、「高知」では「名所旧跡」には全く訪れることもなく。
「睡眠時間」より「乗車時間」の方が長くなる(はずの)「ジール」でした。
 → まぁ〜「今治」でも「歩いている時間」が長いけどねぇ〜!
(写真は、「ミレービスケット」です。
      良く見ると「神戸屋のパン」も写ってますが。 → しもたぁ〜!)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。