2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪好っきゃ麺2014 大阪・燃える夏の陣(17) 讃岐うどん四八 さん

20140823

朝から「大阪王将」の餃子二人前です。
勿論朝からは売ってません。 → 「家の奥さん」が昨日の晩買って来てくれました。
一晩経っているので、「長方形」の容器の蓋を開けると「パリッ」とはしていない、
自分の蒸気で「モチッ」と膨れた「餃子」が現れます。
こんな場合は、付いて来る「タレ二袋」を、直接上から掛けて、「シュン」だ所を食べます。
「ご馳走様!!!!」 → 朝から、「元気」になて出発します。
「関目神社」で8時過ぎ。
「イイ天気」ですが、向こうの方には「黒い雲」も。 → 「天気予報」は今日も「不安定」。
「城北公園」から「淀川」を渡って、「スーパー玉手」で「六条麦茶600ML」を二本買って、
「吹田」から東に進んで「江坂」に10時少し前に到着しました。
10時を待って、駅の東側の「パチンコ屋」さんの上の5階に。「サウナ クアハウス」さんです。
10時から夕方迄は入浴料が千円です。
「お風呂」はそんなに大きくは有りませんが、「休憩室」や「仮眠室」が有って
「ユックリ」するには良さそうですが「ジール」は50分程で外に。
「江坂」まで来た道を少し戻って、「広芝公園前」の交差点を北に折れます。
先日も通った道ですが、その時より一つ手前の筋です。
「大阪好っきゃ麺2014 大阪・燃える夏の陣」の十七軒目
「オアシス店」の最後は「讃岐うどん四八」さんです。
丁度お店の「お姉さん」が「暖簾」を出されるところでした。
「テーブル席」の真ん中辺りに座って「ちく天生醤油大盛り」と
「ノンアルコールビール(ドライゼロ)」をお願いして、「トイレをお借りします」
 → 「お姉さん」が「判り難いので案内します」と、「滅多に無い経験?」を。
戻って来ると「ドライゼロ」を出していただいて、「十分程かかります」 → 「ハイ!」
出てきた太めの「ツルリン」なうどんをお腹に落として行きます。
最後に「醤油」と「酢橘汁?」を「大根おろし」と「刻み青ネギ」に掛けて
「グチャグチャ」して、ちょっと「モグモグ」。
「ちく天」は20センチは有りそうな縦半分で「サクサク」でした。
「ご馳走様でした!!!!」
お勘定をお願いすると、お店の「日めくり」をめくると「50円引き」とのことで、
「一番」だった「ジール」は「二十二日のん」をめくらせていただきました!
来た道に戻って「熱い紅茶」の後は再び「東」に。
 → 「黒い雲」は消えて「夏の青空」が広がっています。
「川」を越えて「高速」の手前の「浜」の交差点から「南」に。
真っ直ぐ進むと「阪急三国駅」の「北側」に。
「176号」では無くて、「阪急」の其の向こうの「橋」を渡って「三国駅」に。
駅前に「アーケード」を発見して、「端」まで行って、「デン」して戻って「176号」に。
「十三大橋」手前で「ヘロヘロ」に成って来たので、最後の力を振り絞って「中津駅」に。
階段の下で「ソフトクリーム」を。 → 「体力(HP?)」を回復します。
「いつも通り」の「ルート」で帰宅する「ジール」です。
今日は町中の至る所で「地蔵盆」の準備中に出会いました。
「遠い昔」の「夏休み」を思い出しながら歩いていると、
出会うのは「赤トンボ」で「季節」は進んでいるようです。
 → キリンの「秋味」も出た事やし「秋やねぁ〜?」
(写真は、「家の奥さん」が「ポチ」した「コンパクトブレンダー」です。
     朝起きて、コレで「バナナミルク」作ってます。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。