2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪好っきゃ麺2014 大阪・燃える夏の陣(14) 麺匠 やしま さん

20140730

今日(30日)は、会社を「お休み」。
「今日も」の「蝉の声」のなか「外」に出ます。
「関目神社」で10時半少し前で、汗が「じわぁ〜」と。
一号線を北に。
本当は朝早くから、「南」を目指す予定だったんですが...
昨日の夜会社から歩いて帰って、「シャワー」を浴びて「ユックリ」していると、
左脚の「向こう臑」の外側が「パンパン」に。 → 二年前の「肉離れ」の後と同じ位に。
「シップ」を貼って、「ボーッ」とテレビを見ていると、
「アッ!」もう「午前零時」を過ぎています(アフターミッドナイト!)。
「家の奥さん」が未だ、帰ってきていません。「んッ」...
 → そう云えば、今日は「泊まりがけの検討会」とか云ってた様な...。
「おやすみなさぁ〜い!」
結局2時過ぎに寝て、7時過ぎに目が覚めました。
で、「一号線」を北に進んで、「千林」から「守口」に。
話題の「マクド」を過ぎて少し行くと11時10分に到着です。
「大阪好っきゃ麺2014 大阪・燃える夏の陣」の十四軒目は「麺匠 やしま」さんです。
こちらの「前」は大日・京都方面に歩くときに何度も通っているんですが、
お店にはいるのは「うどん巡礼」以来の二回目です。
改装された店内は「外光」が入る明るい雰囲気です。
国道沿いの窓際の「テーブル」席に座ります。
看板にも掲げられている「とり天ぶっかけ」の大盛りを「かやくご飯」のセットでお願いしました。
「ノンアルコールビール」を飲んで「ホッ」として待っていると、15分程でやって来ました。
「ツルン」とした「麺」をお腹に。
次に「とり天」をそのまま「ガブリ」と...
 → 「サクッ」としてて、「ひつこ」く無くて、「噛み口」は綺麗?
「かやくご飯」を食べ終えて「ご馳走様でした!!!」
「来た道」を戻りますが、もう直ぐ「真昼」の「外」は「ホット!」
「太子橋今市」の手前で到着です。
「伏見屋商店」の横からはいる「酒屋さんの立呑み処」さんです。
時刻は「11時55分」。
こちらも「お店の前」は何度も通っているんですが、入るのは初めてです。
入り口は狭いんですが、奥でお店の幅一杯に広がっていて、
右側に詰めれば十人は並べる「カウンター」で、
その向こうは「冷蔵ショーケース」が壁際に並ぶ調理場で、
左側は4、5人が囲める「テーブル」が1、2、3と壁際に並んでいます。
カウンターには「常連さん」が三名さま。空いている所に並ばせていただきます。
取り合えず「常温」をお願いして、
壁の「ボード」とかを眺めてから「はも皮きゅうりの酢の物」をお願いしました。
カウンターの中には丸刈りでメガネの「お兄さん」がお一人。
お店の中は、世間知らずの「ジール」には初めての「銘柄」の「お酒の看板」が、
ズラリと掲げられていて、年代を重ねられている雰囲気です。
「ショーケース」に宣伝が貼ってあった「レッドアイ」(トマトのビアカクテル?)に、
揚げ物で「いわしフライ」と「ポテトフライ」と「新タマネギフライ」のトリオ?を。
最後に「アサヒ黒ビール(小瓶)」で「ご馳走様でした!!!」
「イイ気持ち」で帰って行く(いっつもか...)「ジール」でした。
(写真は、「オブセ牛乳焼きドーナツ」で、今里の「阪急オアシス」で買いました。
  きっと何か「由緒謂れ」が有るんだと思いますが、
   「パッケージ」の「ほのぼの感」に惹かれて手に取りました。
      → 食べると「ホッ」とするので、会社の昼ご飯で二日でいただきました! )

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。