2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリオ・ザ・なに?

20140527

定時で「会社」を出ます。 → 外に出ると「曇っ」てる。
信号を渡って、橋を渡って、少し行って「ドウチカ」に。
「西梅田」から「駅前ビル」の方に、まずは「二倍」に成った「銀座屋」さん。
16時45分で「お客さん」が三割は入っていて、「カウンター」は大部分埋まってる。
「今」は呑めないので、久々の「お店」に。
 → と、云いながら、場所を間違えて第三の地下一階に。
「あれへん!」そらそうやは、第二の地下二階やったもん!
16時55分到着。 → 「ジール」の一番好きな「うどん屋」さん。「梅田はがくれ」さんです。
既に「お一人」入って直ぐの所に座ってられます。
と云うことは空いてました、角の斜めになった席が!!!!
「お兄ちゃん」がお二人です。「トリプル」をお願いして「ボォ〜」っとしてると、
入り口側の「茹で釜」の方から、「大将」の声がして...
「兄ちゃんトリプルか。」 → 久し振りやのに「覚えて」くれてはったでぇ!
「はい、トリプルです!!」
「そうかぁ〜。そしたら、盛りつけとこかぁ。」 → 「はい、お願いします!!」
暫く待って、うどんが茹で上がり「一番の人」の「大盛り」が出来上がって、
「大将」が薬味を乗せて、「醤油」を回し掛けられます。
それが終わって、お馴染みの「黒い大きな鉢」を取られました。
「ジィ〜ッ」と見ているんも何なんで、何とか「よそ見」してると、やってきました。
割り箸を取って、割って、「準備完了」。
「薬味」向こうで乗せてこられたそうで(見たかったなぁ〜)、
カウンターのコーナーの所にうどんを置くと、醤油を回し掛けるられます。
「2、3本掬って混ぜんと食べてなぁ。」いつもの「お言葉」です。
「はい!」と食べ始めますが、2、3本が気が付くと5、6本に。
「あっ」と云う間に「あぁ〜美味しかった」
「ご馳走様でした!!!!」と外に出ます。
でも、「チョット」気になって、トイレの鏡に。 → ヤッパリ飛んでます。「お汁」が。
右胸に「茶色い点々」が、肩の辺りまで出来てます。
左胸は何も無いのは「右利きの法則」?
濡らした「ハンドタオル」でふき取って、まだ早いので「紅茶」で休憩。
6時過ぎに、会場に向かいます。
今日(27日)は久々の「ナカノシマ大学」の講義です。
「続・ちゃんとした店ってなんや?会議 ”旨い”道具の話」です。
講師は前回と同じく
「江 弘毅さん(月刊島民編集発行人・元『Meets Regional』編集長」に
「吉村 司さん(編集者・元『Hanako WEST』編集長)」と
「石原 卓さん(クエストルーム代表・元『関西ぽあ』編集長)」の御三名で、
場所も同じく駅前第一ビルの地下一階の「キング・オブ・キング」です。
江さんの新刊「有次と包丁」の取材の裏話(他言無用との事)から
御三名の最近のお勧めのお店まで幅広い内容で、
また、まるで台本が有るように役割分担も素晴らしく、
1時間以上が「アッ」と云うまで、「お尻が痛くなる間」も有りませんでした(?)。
江さんの、取材対象にへのスタンスや取材して新たに判った事をどう見るのか、 
など、流石と納得する1時間と15分でした。
知ってますか、 → 京都に和食の料理人が集まった訳を。
そんな「為になる話」も満載でした。
 → 気になる方は「有次と包丁」をお読み下さい。たぶん書いてある筈です。
会場を出て、「家路」を急ぐ「会社員」の流れに逆らって「渡辺橋」から「京阪」で帰るジールでした。
(写真は、「カルビーちびむすび 香はししょうゆ味」です。
 「ファイテンション」の「かくざ父さん」にも通じる様な「パッケージ・デザイン」で、
  「家の奥さん」が「ジール」見たいと買って来ました。 → ごめんネ「ちっちゃぁー」て。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。