2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月二回目の第三回

20131024

今日は、「用事」で「午後半休」を取りました。
「エレベーター」で下に降りて外にでると、「イイ天気」で、「温く」くて「眩し」い。
折角なんで、「公会堂」の横を通って、「川べり」を歩くことに。
丁度「ご飯時」で、色々なと所(お店、芝生、ベンチ...)で、「お昼」されていました。
その中でも、「なにわ橋」を過ぎた辺りの「土佐堀川」の対岸には、
京都の「床」よろしく、お店の裏に「食べ」たりせきる「デッキ?」が出来ています。
そこでも「お昼」の様ですが、コチラから見ると、たぶん川に向かって「カウンター」が有るのか、
皆さん「コチラ」を向いて並んで座ってられます。丁度「首」から上が見えていて...
 → 例えが悪いんですが、まるで「鶏小屋」の「コケコッコー」さんみたいでした。
 → 思わず「パチッ」としかけましたが「プライバシー」も有るので止めときました。
それでも、南の海の二つの大きな台風の影響か、「京橋」を過ぎると、
「晴れて」た空に「雲」が広がって来て、
「ジール」の「雨センサー(頭)」にも「ポツポツ」と...。
「用事」を済ませて、「帰宅して、「ユックリ」してから、17時20分頃に出発します。
 → マンションの「扉」を開けると「ゴォ〜。ゴォ〜。」と土砂降りでした。
「エレベーター」で下に降りて、外に出ると幾分か降りは「静か」に。
で、歩いていると「ピカッ」と目に前が一瞬「真っ白」に。
「カミナリ」です。
 → 「1、2、3、4...」と「四十」まで数えたところで「ゴロゴロゴロ」と、12キロ?
京阪「関目」の階段を上がって行くと、上からいっぱい降りてこられます。
「次かな」と思いながら上がっていくと間に合いました!
「なにわ橋」で降りて、上に上がると、「雨」も殆ど止んでいました。 → 「涼しい。」
すっかり暮れた夜景に「中央公会堂」がライトに浮かび上がっています。
 → そうです、今日は今月二度めの「ナカノシマ大学」。
「公会堂」での「講義」と云えば、「すごいぞ!鉄道王国」、講師は勿論「黒田一樹」さん。
今回は三回目で「近鉄」の巻です。

はじめに「近鉄マニア度クイズ」 → マニアの方「1人」おられました。
近鉄電車の特性を「エキゾチシズム」と捉えて、
群を抜いた路線の長さは,どこまでも行きたくなる。 → どこに連れて行かれるのか?
ゴーギャンの「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」が、
何度も映し出されます。
「エトランゼ」にとっての近鉄。
どっちに行っても何処にでもゆける駅の表示。
時刻表は「関西流」を守るっている。
乗客を一番に考えた列車の連結方法。( → *Rには真似出来ない(しない)!)
ベートーベンの交響曲第六番「田園」がよく似合うスケールの大きい坂道(上り坂、そして下り坂)、
を駆け抜ける「馬力の強い列車」。
一日平均乗降客1人の駅でも「チャン」としている。
欧州とも通じる駅名
ターミナルも終着駅もホームの数(?)が他社より多い。 → ユッタリした「雰囲気」が。
やはり、一番の私鉄としての「プライド」?でしょうか。

最後には、京阪電車全面協力の「京阪電車のディナーショー(?)」や
「ナカノシマ大学」以外の「鉄道セミナー」そして、
鉄道と全く関係ない「新刊」の紹介で〆られました。 → 勿論次回講義の予告も有りました。
今回も「マニアでは無い」と云われるマニアな講師の、「鉄道」への情熱が伝わって来る90分でした。
(写真は、「柱」です。立派でしょう!でもこれは「近鉄鶴橋駅」の男子トイレの真ん中に有ります。
  「電車」を降りて「ホーム」の端の表示に導かれて階段を下り、中に入ると目に前にコレが...
    元々は違う用途だったのを、場所が取れなくてココを「男子用」に改造してんでしょうか?
              ビックリです! → 勿論、やる事はやって来ました。オトナですから?)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。