2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温故知新「十三でチョット三杯」   (3)吾菜場

20110216

十三駅前の「通勤路のブロック」も三回目。
今回も、6時過ぎに仕事を終わり、両側にお店の並んだ路地の
「駅前」に出る少し手前、今日のお店「吾菜場」さんに着きます。
二十年以上前に、「会社の人」と一度おじゃました覚えがあります。
 → 「硬派」と云うか「怖い」と云うか「素人は辞めた方がイイよ」なイメージが有って、
その後は前を通るだけでした。
ガラス戸越しで「満員」では無さそうなので、引き戸を引いて中に。
フロアーのお二人の「お姉さん」に、東アジア系のイントネーションで「奥に」案内されました。
細長い店内に、縦長な逆「コ」の字型のカウンターは、「空き」が少なく奥の角を曲がった所の席に
(テーブル席は空いてました。)。
丸イスは背が高く、脚が「ブラン・ブラン」。「キリン」と「大根、厚揚げ、竹輪」をお願いします。
 → 至って普通の「十三の飲み屋さん」です。
二十年程で「ジール」が大人になったのか(「爺さん」ですが)、店の雰囲気が変わったのか。
 → 「両方」の様な気がしますが...。それとも、「たまたま。ラッキーだった。」?
大瓶は、「おでん」で空いたので、「冷や」をお願いします。
「冷やセット」(ガラスのコップをお皿に載せたん)が直ぐに来たので、「めざし」をお願いしました。
「がっ」、暫く待ってもやっぱりコップは「空」のまま。
仕方がないので、お店の「お姉さん」に「お酒は?」とお尋ねすると。
 → 「あっ。すぐに持ってきますネ」。(カウンターの角を挟んでお隣の「お二人」のお話によると、
お二人とも、「異国の空の元」頑張ってられるとの事です。)
「冷や酒」が注がれたんで、ついでに「今日のオススメ」の「ミックス・ピザ」をお願いしました。
「めざし」で、お皿にこぼれた分まで「冷や」飲みおえて、ピザを待っていると、
左隣の方が「かす汁」を頼まれたので、「ジール」も。
 → そう云えば、今年は「松浦商店」で「かす汁」頼んでない(行ってない)。
ピザは、酎ハイライムでいただきました。 → 「タバスコ」かけ過ぎか「お口」が「ヒリ・ヒリ」。
待つこと暫しで、「かす汁」が来ました。
お椀ではなくて、「チョット」深めのお皿に、具の野菜や鮭が山盛りです。勿論、「お汁」も並々と。
 → 「フーフー」しながらいただいて、「ごちそうさま」です。
(写真は、「家の奥さん」が買ってきてくれた「チェブラーシカのお弁当箱セット」です。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。