2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日からです。

20131005

いつも通りに4時に起きたんですが、何やかんやで8時半。
「外」に出るといきなり「ポツポツ」と来たので慌てて「傘」を開きます。
 → でも直ぐにあがりました。
「関目神社」から「野江内代」の
「グルーッ」とカーブの「立ち呑み屋さん」の所を南に進みます。
「蒸し暑」く成るのかと思ったら、普通に「暑く」なってきました。
「京橋」を過ぎで、9時半頃に「玉造」 → 「ココ」でもイイんやけど、先に進みます。
10時15分頃に「寺田町」の手前に → 「ココ」でもイイんやけど。今日は更に進みます。
「天王寺」で10時半頃。新しくなった「交差点の歩道橋」に、JR側から上がるのは初めてです。
「キョロキョロ」しながら「キューズモール」側に歩いていると、
後ろ方「カタカタカタ」と二人分の足音が迫って来ました。
横に避けると、「お姉ちゃん」二人が高〜い「ハイヒール」を物ともせずに、
「ジール」を追い越していきました。
行き先の方を見ると「最後尾」と書かれて看板と、三重ぐらいに成った「行列」が有りました。
 → 「若い子は元気やなぁ〜!」と、感心する「ジール」です。
「あべの筋」を進んで、直ぐに「ちんちん電車」の方に折れて進んで、
道が終わるとことで西に進むと、もう片方の「ちんちん電車」の線路です。
そこを過ぎて南海電車「粉浜駅」に。
11時10分に到着しましたが、未だ「準備中」で商店街の「ダイコクドラッグ」で お買い物。
10分前にお店の前に戻ると、「うどんの大将」が出てこられて、
 → 「ご挨拶」、開店が少し遅れるとの事。
「もう一度来ます」と、「粉浜」駅下の「コノミヤ」さんに。
10分位のつもりが、気が付くと12時前に → 「お好き」なモノで...
お店の戻ると「暖簾」が出ていました。
中にはいると、二人掛けの「テーブル」の一番奥に案内されました。
「生醤油うどんの大盛りで牛肉をトッピング」とどちらにするか迷っていましたが、
「コノミヤ」さんの「冷凍食品」の前で涼めたんで、
横に貼ってある「秋の特別メニュー」から「そこがミソ!!煮込みうどん。」をお願いします。
「ハイ!」「そうです」
 → 「第三回 うどん祭 〜ミソフェスタ〜」の一軒目は「麺屋 爽月」さんです。
暫くで、やってきました!
先ずはうどんを、取り皿にとって「フーフー」して、いただきます。
「鶏肉」や「玉子」や「野菜」とかを「ムシャムシャ」して、「お汁」です。
見るからに「お味噌」ですが、「コッテリ」とか「だだ辛い」とは違って、
「お出汁」が利いてて「美味しい!!!」
半分ぐらいに成った所で、一緒に出てきた「丸っこい焼きお握り?」を一口「パクリ」してから、
「お汁」にホリ込んで「グチャグチュグチャ」
 → 「うどん好きの方」の「ブログ」で予習して来ました。(チョット自慢気?)
「お握り」は柚味噌が乗っていて、甘酸っぱくてそのまま食べてしまいそうなんですが、
「お汁掛け?」にするとまた違った「おいしさ」を味わえます。
 → 「うどんお大将」の故郷の「柚味噌」とのことです。
「ご馳走様でした!!!!」
一つ目のスタンプをいただいて「外」に出ると、
「コノミヤ」さんで、麦茶のPETボトルを買って来た道を引き返します。
途中、「キューズモール」の「赤垣屋」さんで、
「土曜の午後のお愉しみ」の「吉本新喜劇」を見ながら、
「淡麗生中」に串カツの「ハムかつ」「タマネギ」で、追加は「島はい」です。 
すっかり「イイ気持ち」で「テクテク」と帰る「ジール」でした。
天気予報は「雨」でしたが「天気」でした。大きい「傘」持ってたのに!
 → 朝一番で使ったからまぁ〜「エエ」か。
(写真は、久しぶりに「丸善・ジュンク堂」で買った本(勿論「イバタ帰り」です)。
  「事件記者コルチャック(→「刑事コジャック」では有りませんよぉ〜)は、
   其の昔、読売テレビの日曜日夜10時半」(→ 「大阪ほんわかテレビ」枠)で、
          放送されたTVドラマの原作。
                → あの吹き替えの「声優」さん、懐かしいわぁ〜!!!!)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。