2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お靴が嗤う

20090806

鮎川哲也の名作短編のように、タイトルを後ろから読んでも、犯人は分かりませんが、
このところ「一日三万歩」を目標に、
平日朝は30分ほどのランニングと関目神社が日課になっています。
とわ云っても、素人のジールは木曜日ぐらいになると疲れてきて「パス」してしまいます。
一時間弱ユックリしてしまいます。
そんな日には、仕事を終えて、朝の分を取り戻す為に、訳もなく遠回りしてお家に帰ることになります。
この日も十三大橋・小橋を渡って阪急「中津駅」の階段を下りてその当たりをグルグル回ってから、
豊崎当たりに出て、JRを沿いを中津に戻って、JRを潜って梅田側を豊崎当たりまで行って、
横断歩道を渡ってまた戻ってと、大汗かきながら歩数を増やして、
後は天六から南へ北へのウロウロして目標達成と東に進んでいると、
右足がグニャンと成って巧く歩けない。何か変です。
立ち止まり足元を視ると、変です。「ベローン」としてます。
 → 靴の底が前の3分の1ぐらいが剥がれてます。
「どうしよう??」「困った事です」↓↓
底が剥がれないように、ユックリと脚を前に、少し歩いてみます。
 → 「おはよう子供ショウ」のロバ君に成った気分です。
 → ユックリと足を上げて、垂れた底が巧く元に戻るように上からユックリと下ろします。
こんな歩き方では、何時家に帰れるか。
その前に筋肉痛に成りそうです。
とりあえず、ソコに見えたコンビニに。「何か無いかな?」と探すと、靴と同じ黒いビニールテープが。
 → 早速買って、お店の前の駐車場の隅で剥がれた底をグルグル巻きで固定しました。
歩いてみると、少し足に圧迫感は有るものの、普通に歩けます。
これでグルグル歩こうかとも思いましたが、潔く諦めて帰ることに。
(写真は「笑った」靴です)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。