2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調子に乗ると禄な事が...

20091004

万歩計が届いてから、ウキウキ気分で毎日歩き回っていた爺は、
ウオークリレー最終回の翌日もテクテクと遠出に。
朝6時に出発、いつもの関目神社から、今日は南に、富田林の「いってつ」さんを目指します。
真っ直ぐ進んで杭全を越えて斜めに行くと平野郷。
セスナ間近に見えて来ると八尾に入ります。
ジールのお気に入りのうどん屋さん「たからや」の前を通過。
でも9時過ぎでまだ「準備中」なので、暖簾に吸い込まれる事も無く大和川を渡り、
「藤井寺」「羽曳野」と南に進み目指す「いってつ」さん。
「しょうゆうどんの冷たいの特大」を頂き、噂の「からあげや」で唐揚げと手羽先を買って帰ります。
チョット疲れたんで八尾南から地下鉄で帰宅(今日は58000歩)。
シャワーを浴びてユックリしていると、何か右の足が「痛い」と云うか「腫れた」感じがしています。
考えてみると、思い当たる事が有りました。
 万歩計が届いた先月末から調子に乗って歩いて、一番痛く成ったのが「むこう脛」と「足」でした。
 そこで右足の裏にサロンパスを貼ってシャワーの時に剝がしたら、
  → 「痛い!」 → 何か変 → 取り敢えず反対からユックリと剝がしました。
 どうも歩き過ぎで足の裏の皮が小ちゃな水膨れか少し剥がれてたみたいで、サロンパスにくっ付いて、
 ビローンとめくれています。急いでクロマイを塗って絆創膏を貼りましたが、「歩きにくい」。
 如何しても今日は「いってつ」さんに行きたかったので、「家の奥さん」に相談すると、
  → 「コレ使いなさい。」と出してくれたのが → 「快足パット」。
 ドーナッツ状のパットで裏に接着剤が着いていて、本当は足の裏にイボとかウオノメが出来た時に、
 痛く無い様に貼る様ですが、足の裏に何かキズが出来た時に貼ると大変役に立つとの事でした。
 早速、皮のめくれた部位を囲む様に貼付けて靴下を履きます。歩いてみると「確かに楽です」。
 今日はスニーカーの靴ひもを少し緩めに履いて出発しました。
右と左の足を並べて比べて見ると、確かに右足が全体的に腫れていて、色もチョット赤い様な気が。
家の奥さんに見てもらうと、「ウワー!腫れてるやん。色も赤いし。
見てみい、右足は指の間が無いよ」。
 → 確かに、指の間が無い(別に水掻きは付いていませんが....)。
日曜日で病院も開いて無いしと、「どうしよう」と足の指の腫れを見ていると → 思い出しました!!
 → 左手の人差し指が同じ様に腫れた事が有ったんを。本当に凄く腫れて、全然曲がらないし、
鼻の穴に突っ込んだら、抜けないか鼻が裂けるかに成っていました。
 → 「そう云えば、あの時に貰った薬残ってたで。」 → 最後の一錠が出て来ました。
本来「医師の診察(処方箋)無しに医療用医薬品は服用してはいけない」んですが、
このままではもっと腫れて来そうなんで「自己責任」で飲みました。
 → 翌朝、嘘みたいに元に戻っていました。午前中は会社休みでお医者さんに行きました。
「歩き過ぎです。」との診察結果でした。 
(写真はコレを貼れば足の皮がめくれても7時間は歩ける!!「快足パット」)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。