2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もグル~ッと2013(四日目)

2013430

昨日も10時過ぎに眠ったので、2時半に目が醒めました。
4時に起き出して、お風呂の後、朝は「昆布のお握り」に「野菜ジュース」。
5時半に「ホテル」を出ますが、「フロント」が二階で、外に出る階段を降りるのが「つらい」。
昨日買った「傘」が役に立ちます。
5時45分頃には、松山行き6:00発の普通が「ホーム」に。
ドアの所の「開」のボタンを押して中に入ります。
二両連結で、片方が「四人掛け」の「背もたれ」直角の「シート」、
もう片方が長〜い「シート」で、車両真ん中のドアの所で左右が入れ替わります。
「ワンマンカー」にも成るようで「市バス」と同じ様な「運賃箱」が車両の前後に置かれています。
6:00に、後ろの車両は「ジール」独り(+車掌さん)状態で出発です。
「通学・通勤」の時間帯のようで、間もなく「詰め襟」と「セーラー服」で一杯になりました。
「雨」は激しく降っていて、乗ってくる方も「ホーム」から乗り込むときにかなり濡れている様です。
「松山行き」でしたので、安心して「ユックリ」と混んだ車両からホームに降ります。
流れに沿って改札に。
改札の方に、「道後温泉」行きの市電はどこから乗れますか? とうかがって、
「あそこの入り口から地下道に降りて、直ぐの階段を「左」に上がって下さい」と、
「市電」の駅に出ましたが、それらしき表示もなくて、
「キョロキョロ」してると向こうを「道後温泉」と行き先表示の「市電」が走っていきます。
チョット向こうの停留所に向かっているようです。
慌てて、階段を戻って「地下道」に、チョット進んで「右」側の階段を急いで上がると、
今さっきの「市電」が止まりました。 → 「間に合いました。」
「右」と「左」を聞き間違った様です。(多分ねぇ?)
「一日乗車券」を買おうと、小学低学年の「女の子」が四人で遊んでいるのを、
「ごめんねぇ〜」と、手で押し退けて「運転手」さんの所に。
400円でした。大人は一回150円なので三回乗れば「ペイ」します。
 → それよりもこの「1Dayチケット」のシステムがおもしろいです。
「チケット」には、「年」が平成24と25、「月」が1〜12、「日」が1〜31
と印刷されていますが、よく籤(籤)で有るように「銀色」に塗られていて、
「10円玉(500円玉でも1円玉でも大丈夫)で削ると、赤色で印刷した同じ文字が出てきます。
 → 平成25年4月30日を削りました。
混み合っていた「車内」も、一人減り二人減りで、終着「道後温泉駅」では、二人に。
朝7時過ぎの「道後温泉」の「アーケード」は、開いているお店も少なく、人影もまばらでした。
角を曲がって突き当たりです。去年に続いての「道後温泉本館」です。
入り口の「係りの方」に、「どれ行けますか?」とうかがうと「どれでも行けます」とのことで、
「そしたら、一番高いのんにします」と三階の個室に入りました。
下の「お風呂」に降りて行きますが、足が「痛い」ので気を付けて「ユックリ」と。
二階の浴室は「ジール」と、あとお一人、その方も先に上がられ、ジール「独り」に。
 → 別に変なことはしませんが...。
湯船の角の平たくなった所に頭を乗せて、体を浮かせます。
湯船が、あの「SPA江戸堀」より深いので、体が「水平」近くとは行きませんが、
充分に「リラックス」出来ました。
「皇室専用の湯殿」を見学した後部屋に戻って、まだまだ「激しい雨」を見ながら、
「坊ちゃん団子」と「お茶」で一息。
「八十分」と時間制限が有るので、「シップ」と「穴の開いたサロンパス系」を貼って行きます。
「有り難う御座いました!!!!」
外に出ると、「ポカポカのお風呂上がり」で、
ビールでも「グッ」と一息と去年おじゃました「横のお店」を見ますが、未だ「開いて」ませんでした。
 → 朝の9時過ぎやしなぁ〜。
 → 「十三」違うもんなぁ〜。
「アーケード」を戻って行きますが、「それらしきお店」はやっぱり見あたりません。
「市電」で「大街道」まで戻って、「アーケード」を「松山市駅前」まで、
やっぱり「キョロキョロ」しながら進みますが、「それらしきお店」は見つかりませんでした。
「市電」の「松山市駅前」の当たりで、
「蒲鉾屋」さんの店先の「ショーケース」に、「じゃこ天」が色々並んでいたので、
「六種類」を1枚ずつ買いました。
「坊ちゃん列車」の「乗車場所」の横で順番に「パクパク」。
 → それぞろ、「色」「匂い」「食感」「味」が違うんですが「旨かった!!!!」
チョット「脂っこく」なった「お腹」で、「市電」の乗り場に。
「系統図」を見ていると「1番」「2番」は共に「ループ」で、
走っている「ルート」も同じですが、どこが違うのか分かりません。
「何でやろう?」と考えていると「2番」が来たので乗り込みます。
外の景色を、眺め散るとすれ違うのは「1番」ばかりです。
 → 気が付きました。「1番」が時計回り。「2番」が反時計回りでした!!
(「普通の人」は直ぐに分かるんでしょうね。多分)
「道路」の真ん中を走っていた「市電」は北側(「平和通1丁目」から「宮田町」)では、
線路が独立して走っていて、「踏切」も有ります。
再び「道路」に出る所で「市電」を降ります。
横の「ショッピングセンター」に入って3階に上がると、向こうに「GU」と出ています。
「GUを求めてシリーズ」第二弾は、「松山店」です。
「テナント店」ですが、「品揃え」は「尾道」と同じ様です。
「リュック」の「空き」とも相談祖ながら「パンツ」と「トランクス3枚セット」を買いました。
何か満たされない気持ちのまま(しつこいでぇ〜!!)、
 → でも、京都まで歩くときに、夏で暑くなるからと早く出すぎて、
   東寺の「餃子の王将」が開店前やった時と同じ位に残念でした...。
11時40分過ぎに「今治駅」に戻ると、12:01発「観音寺行き」が2番ホームに。
階段を上ります。 → やっぱり足痛い。
列車(と云うか1両ですが...)の揺れが心地よくて「コックリ。コックリ。」
の約1時間15分でしたが、「今治」で降りて「ホテル」に戻りました。
気が付くと寝ていた様で(何か、分かったような分からん様な表現)、
気が付くと17時を少し回った所でした。
「さて、晩飯!」とホテルを出ます。
今日も「GINZA」の「アーケード」を「北」に進んで、
「フェリー乗り場」まで、一つ東の「道路」沿いを北に進んで、
「広島銀行」の一つ手まで西に曲がると、見えてきました、「焼き豚玉子飯」の黄色い旗もありました。
「焼き豚玉子飯」
 → 「今治」の「B級グルメ」だそうで、目標は「全国大会の優勝」の様です。
   ネットで調べるとかなりのお店で提供されている様ですが、
   営業時間や距離などからこちらに伺いました。
お店に入ると、右側が四人掛けの「テーブル席」が縦に五つ、
左側が畳にテーブルでこちらも縦に五つです。その奥が調理場に成っています。
「女将さん?」に「焼き豚玉子飯セット」をお願いしました。それと、「ビール」。
 → ようやく「ビール」飲めました!!!
「ラーメン」とのセットで、ご飯に焼き豚と目玉焼きを載せて、
その上から甘辛いタレを掛けるのが「標準」の様ですが、
こちらでは「中華風のトロミのあるタレが掛かっています。 → 「中丼」に近い感じです。
「ラーメン」の「チャーシュー」は「あっさり柔らか」で、「飯」の方は「こってりぎっしり」でした。
ちょっといい気持ちになって、「ご馳走様でした!!!!」
「マルナカ」に寄って戻りました。
(写真は、松山で買った「じゃこ天」六人集です。
   「お店」で、「パンフレット」貰いましたが、
      「アッ」と云う間に食べてしまって、どれがどれか分かりませんでした。 )

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。