2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラの道 2013(7)無鉄砲 京都本店

201302242

近鉄奈良駅の改札を出て「1番」出口に、目の前の商店街を進んで行くと、
左前方に「エントツ」が見えてきたら、「左」に曲がります。 → 「大西湯」です。
時刻は、もうすぐ16時。
「暖簾」を潜り「引き戸」を開けると、「番台」に女将さん、入浴料と「小さい石鹸」をお願いします。
「脱衣入れ」の木製のドアには大きく番号が書かれています。
 → 昔ながらの絵に描いたような「銭湯」です。
荷物が多くて二カ所使わせていただきました。
「リュック」を担いだグループが「ジール」と入れ替わりにお帰りになって、
「お風呂場」には「ジール」を含めて三名だけ。
まずは、「掛け湯」で、体を洗って、頭も洗って、湯船につかります。
「ホッ」としますね。
「ユックリ」つかっていると16時15分。 → 上がります。
服を着て(靴下は二重になります。)、「近鉄奈良駅」に戻ります。
13番乗り場を地図で確かめると、「向こうの方」チョット慌てて「信号」をわたります。
 → 未だ、5分程ありますが...。
16時32分のバスは、「ジール」を含めて3人乗り込んで、計4名です。
20分程で目的のバス停に到着しました。進行方向を見ると「ネット」で見たお店が有りました。
「ラの道」七軒目は「無鉄砲 京都本店」さんです。
注意しながら道路を渡って、お店の前に。
5時少し前で、開店の6時には後1時間有りますが、人気があって行列も凄いそうなので早く来ました。
 → まぁ、いつもですが。
注意書きを読んで、取り合えず「豚骨ラーメン」と「替え玉」の券を買って、横のベンチで待つことに。
暫くすると、「お店の方」が出てこられて「ガスストーブ」を点けていただきました。
 → 「暖かく」なって「ホッ」としました。
5時20分過ぎに次の方が来られました。
 → 開店5分前になると、お店の「お姉チャン」が、麺、スープ、葱の量を聞きに来られました。
「濃いめ固め普通」でお願いしました。
 その頃には20人以上。(後ろの方は「ジール」から確認できませんでした!)
6時になり、ドアが開きました。
「お店」に入ると右側が厨房を囲む「L字型カウンター」で、左側に「テーブル席」。
「カウンター」の右に延びる長い方の一番奥に座ります。
隣に座られた方の真似をして、「食券」はカウンターの上に。
お店の「お姉さん」がお水を持って来られました。
「ジール」から見える範囲では「お店の方」は「女性」の方ばかりです。
「男性」の声もするのですが、少ないんでしょうか。
間もなく、「銀色のお皿」に「真っ黒のラーメン鉢」でやって来ました。
見るからに「トロッ」としたスープに何か細切れの具も乗っていますが、
「麺」と「スープ」それだけな感じです。
「フーフー」して「太くない麺」をお腹に。
直ぐ無くなって、お店の「お姉さん」に「替え玉」を「バリ堅」でお願いすると、
「細麺」も有りますとのことで、そちらをお願いしました。
暫くして「替え玉」が「卵丼」用みたいな鍋で登場です。
先ほどより「細麺」ですが、「すっご〜く細い」の一歩手前ぐらいです。
「紅ショウガ」と「胡麻」をかけて、こちらもお腹に。
「森ちゃんダイエット」でスープは「蓮華三杯」の筈が気が付くと完食でした。
 → あかん!!気い付けんと!!
「ご馳走様でした!!!!」
忘れるところだった、スタンプをいただいて外に。 → 待ってる方が増えている!!!
2、3分歩いて「上梅谷」のバス停で10分程待って(車が通っていないとあっちの方は「真っ暗」)、
18時30分のバスに乗って、近鉄奈良駅でちょうど到着した18時55分発の快速急行に乗りました。
「生駒駅」で乗り換えの電車を待っていると雪が「チラホラ」。
「お家」に帰って、ユックリ「お風呂」につかりました。「ホッ」。
(写真は、「MISIAのデビュー15周年ベストアルバム」です。
           何処かで聞いた憶えの有る曲が並んでいます。
               初回生産特典の「DVD」は「おまけ感」が溢れていました。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。