2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇治でポン。伏見で...

20091103

一日だけ「冬」の今日は、朝5時前に起きて、6時には出発。
関目神社の後、京阪「関目」駅に。
昨日(2日)は仕事の都合で肥後橋の会社によって定時で退社、
「木枯らし1号」がやって来た寒ーい中、「土佐堀通り」をお家へ。
途中の数え切れない暖簾、赤提灯、「お酒」の文字、店内に犇めく
月曜日からいい調子のオッチャン達、そんな誘惑を断ち切って無事に帰宅(涙)。
温いモンで晩ご飯の準備をしていると奥さんが帰宅。今日は、時間割で遅い日でした。
ご飯を食べて、テレビを観ていると、「はいこれ。爺に。」と差し出されたのが、
「宇治十帖スタンプラリー」のパンフレット。
早速読んでみると、宇治でスタンプラリーが有るとの事。→そのままやん!!
明日3日が最終日です。「こら行っとかんといかんは。」 → と云う訳で京阪電車です。
「守口」から急行に、朝日が眩しく窓から差し込んできます。
昼まで曇りの予報ですが、晴れてくれれば。
スッカリ晴天、青空の元「中書島」で宇治線に乗り換えます。 → 京阪「宇治」駅に着きました。
いつも通りに早めの8時前。
バス停のベンチに座ってパンフレット(スタンプ帖)を取り出して、余り見てなかったので、
ルートなど確認しようと...!「スタート9時半!8時半やと思ってた。」
その後、市内散策で時間つぶして。 → でも本当に「イイ天気」。
9時を過ぎるとスタート地点の京阪「宇治」駅前に人が集まってきました。
始まる時間が迫ると一番のチェックポイントに列が出来始めました。
ルート図を見ていると、この当たりのポイントを回って一度こちらに戻ってくる様で、
一番、二番のポイントは戻ってから行けそうです。
「スタンプを押す順番は関係ない」とも有りましたので、長い列に並ぶのもアレなので、
三番のポイントに向かいました。
待っていると9時20分を過ぎた頃に係りの方が来られました。「おはようございます」。
「ちょっと待って下さいネ」と看板を出されて、机の上にスタンプを並べられると、
時間は少し早かったんですが、スタンプを押してもイイとのことで、
早速三番ポイント通過(スタンプをポン)。
次のポイントに向かう途中で揃いの法被で、自動車の荷台に載った御神輿と行列に出会いました。
ポイントでポンして、戻ってくると御神輿もこちらにきています。
 → スタンプラリーに参加されるのでしょうか?
 → ニコニコとその行列を眺めてられる方に伺うと、今ポンしてきた神社のお祭りとのことでした。
記念に御神輿の写真を一枚、次のポイントに向かいます。
暫く行くと人通りもパッタリ → 何か変です。→ 道間違えた様です。
 → たまたま通りかかった方にお尋ねすると、ヤッパリそうでした。
親切にルートに戻る道順を伺って、「有り難う御座いました」。
クルット回って、もう一度駅前にでました。一番、二番ポイントでポン。
川沿いの道を川上にポン・ポンと2、3ヶ所をまわって、暑くなってきたのでGジャンを脱いで、
その後は少しだけ山道を登って行きます。
それではと、栄養補給にバナナを一本食べて皮は袋に仕舞って、上え上と。
鬱蒼としてた々の間を進みますので日陰で涼しくてグングン前進。
10分ほどで着いた展望台からは眼下の宇治川と町並みが見晴らせます。
でも今は先に進みます。落ち葉や小石の山道を注意して下りると宇治川沿いの道にでます。
そこでまたポン。川上の天ヶ瀬ダムを目指してレッツゴー。
川沿いを木漏れ日の中を進んでいきます。
チョット揺れる吊り橋を渡って(川の上は結構風がキツくて寒い位です)、
ダムを目指して急な坂道を登って行きます。
視界が開けると、ダムの大きなコンクリートの壁が目に入ってきます。あと少しです。
先を急ぎましょう。ダムの横まで登ってポン。下り坂は足が勝手に進んで 
→ でも平地に戻るとチョットしんどい。
吊り橋を越えて川沿いを下ると、今日最後の山道に、まずは急な階段を上って行きます。
 → 登りだから何とか進めますが、下りだとチョット自信が無いかな(落ちそう)....
 → コース設定はよく考えられていますね。
チョット怖そうな林の中の道を抜けるとのどかな風景に。
お寺でポンして、舗装された車道の脇をトラックに気を付けながら下って行くと、川沿いに。
さあ!ゴールを目指して急ぎましょう。
グルットまわって、朝時間つぶしにうろついたJR「宇治」駅前でポン、時間はお昼前、
たくさんの方が廻っています。
二十二個ポンの後は、朱色の橋を渡ってゴールイン。お昼少し前11時50分。2時間20分で完走。
記念のバッジを貰って、抽選目の前の方が良いもの当たった様で、カランカランと鐘の音。
予想通りに、ジールは絵葉書(悪くは無いですよ!)。
奥さんに無事ゴールしたことを連絡して、次の予定に移ります。
まだポンで廻っている方の間をすり抜けて、朝来た道を今度は歩いて戻ります。
JRと京阪の線路に寄り添う様に府道7号線を進みます。結構車が多いです。
道沿いのスーパーでお握りを買って、腹のたしに。
晴れていた空に雲が出てきて、「六地蔵」当たりでぐる〜と曲がって,
JRの線路を潜って京阪の線路との間を西に進んでいるとポツポツと雨粒が落ちて来ました。
空を見上げると青空も見えているので、本降りにはならないだろうと歩いていきますが、
なかなか止むこともなく、空は明るくなってきましたが、まだ止みません。
向こうに、高速道路が見えてきました、「観月橋」駅です。
時刻は13時20分頃。空は、スッカリ青空になりましたが、まだ雨はポツポツと。
交差点を北に曲がり、グラウンドに沿って西に進みます。
「近鉄」、「京阪」と線路を越えると向こうの方に人のかたまりが
ゾロゾロと歩いて行かれるのが見えてきました。
その角で南に折れると目的の「月桂冠大倉記念館」です。
入場料は300円で記念館のデザインのアルミ缶(一合)もいただけます。
日本酒の作り方からレトロな一升瓶やポスター等の見学が終わると、試飲コーナーに。
子供の頃風邪をひくと、お医者さんで貰ってきた、ドロッとしたんが底に沈んだままなので、
ガラスの瓶ごとよく混ぜてから入れていたようなチッチャなカップに順番に3回いただきました。
 → チョットイイ気持ちに。 → その向こうにちょうど売店があります。
この後、京阪「伏見桃山」駅の方を「ぶらぶら」するつもりなので、余りかさばらない物を探して、
アルミ缶のお酒の三本セット(一本は入場券に付いて来たのと同じですが)と大蒜の奈良漬けを購入。
外に出て西北に少し行くと、今度は「キザクラカッパカントリー」。
食事は予約制の様で、お昼は終わっています。ここでも売店に「お邪魔します」。
カッパが何匹も描いてある袋詰めの「酒粕」を発見、「ここでしか買えない」とポップの付いたお酒も。
 → 「これを買うと、もうぶらぶら出来ひんけどええか」と、
多少の酔いも手伝って「瓜の味醂漬け」も追加します。両手に紙袋で京阪「中所島」駅に向います。
中之島行きの快速急行で「守口」に、乗り換えて「関目」から帰宅しました。
(写真は自分でポンしたスタンプ帳。 → 今回は空きは有りません → まだ秋なのに。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。