2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度こそ 再開

20121110

水曜日(7日)は、上司の定年の「お祝いの会」で、「しゃぶしゃぶ」に。勿論「食べ放題」です。
「飲み放題」もですが、「アルコール」と「ノンアルコール」が有るとのことで、
「ジール」は「アルコール」をお願いしましたが、
「ノンアルコール」なら「オールフリー」も飲めるようです。
今日(土曜日)は9時には出発の予定でしたが、
iMacから、印刷しようとすると「プリンター」がいつもの様に印刷してくれません。
「ケーブルを変え」たり、「接続しているポートを変え」たり、「再起動し」たり、
 → 何とか印刷して、出発したのは10時を過ぎていました。
「関根神社」から「都島本通」を西に。
「天六」の一つ東の交差点で、「信号」の加減で、一つ北の筋を西に。
 → 「天神橋筋」の少し手前で、「ラーメン屋さん」の暖簾が掛かっていました。
11時半過ぎでお腹も空いてきたので、「ゴッツ」い引き戸を力を込めて開きました。
今日のお昼は「麺と人」さんです。
左側に厨房を囲むように「逆L字」のカウンター。右側にはテーブルが有った様な無かった様な...。
カウンターのイスを見ると、座るところが「石」です(多分)。 → こんなん「お尻」に悪いはぁ〜!
よく見ると一番奥だけ「木製の丸椅子」です。 → そこに座ります。
「特製チャーシュー味噌麺」をお願いしました。
お昼には時間が有るので、お客さんはお一人。
麺を湯がく釜が沸いていない様で、蓋をして、強火で熱してられます。
厚目に切った「チャーシュー」をバーナーで焦げ目を付け終わった頃に、
釜が沸いてきたようで、麺を入れて、「3分タイマー」が動き始めました。
途中で「もやし」も釜に。 → こちらは早めに上げられて、ドンブリにに。
「スープ」を取った鍋を再び煮立ててその上に。
3分経った麺が湯切りされてその中に。具が上に盛られて登場です。
太めのストレートな麺から、「フーフー」して「お腹に」。「プルン」として喉を通って行きます。
「鶏」系の「ドロリ」とした「お汁」は、余り得意では有りませんが、
こちらの「お汁」はお味噌の「風味」と、少し「ピリ辛」で、「トロ味」もありますが、
「美味しい!!!」
「炙ったチャーシュー」は食べごたえも有って、シッカリ「肉」してます。
「お汁」は飲み干したかったんですが、
 → よみうりTVの「森ちゃん」の「ダイエット」に習って「三口」だけ呑みました。
「ご馳走様でした!!!!」
「ジール」が食べ終わる頃には、5、6人のお客さんが相次いで来店されて、
みなさん「ジール」と同じ物を頼まれるんですが、
 → 「細麺で」と最後に追加されていました。「チョット気になる」
そろそろ12時です。
真っ直ぐ東に進んで、「讃州」さんの所で「新御堂」を潜って、「JR」も潜って、「十三大橋」に。
「十三」の交差点の信号を渡って、「チョット」戻って「プラザオオサカ」の方に。
行き過ぎて「淀川」側に曲がると「淀川図書館」です。
 → はい!!「OSAKAライブラリレー24」です。
前回の「東成」で本が見つからず、今回から「暫く」は「敗戦処理」になります。
 → まぁ〜 「それも楽し!!!」
書架を探すと、直ぐに見つかりました「新潮現代文学」の「三島由紀夫編」。
「豊饒の海」の第一巻「春の雪」が収載されています。
早速、一つしかない「読書テーブル(七人掛け)」に。 → 三人分空いてます。
入り口を背にする角の席に座ります。 → 壁の掛け時計も目の前です、13時少し前に読み始めました。
三十年程前に一度読みましたが、今回もう一度読むことに。
小さ目の活字と難し目の文体で、はじめはなかなか読み進みませんでしたが、
約2時間で「7」まで読みました。
 → これからですね。
ちょっと「十三界隈」をうろついてから、「十三大橋」から「都島本通」を帰りました。
(写真は、履いている分がソロソロ草臥れて来たので、最近買った「スニーカ」3足。
                              → ヤッパリ「赤い!!」)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。