2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔っぱらいにティッシュとトマト

20091121

世間はユニクロの60周年で朝早くから行列が出来ていますが、ジールの目標は「沖縄風ホルモン焼き」。
あれは、「OSAKA緑のウオーキングリレーチャレンジ24」で見つけたお店でしたが、
肝心のコースの地図を何処かにやってしまい諦めかけていた所、
「讃岐うどん〜 なんがでっきょん!雀のお宿」で訪問されていて、詳しい住所が分かりました。
良い天気の中、8時過ぎに出発して、「関目神社」から何時ものコースで「南森町」に。
ここからは真っ直ぐ西に「阿波座」まで。もう少し行くと「いずみカレー」ですが、ここで南に !
 → ちらりと脇道を覗くと、全男盛りラーメンで有名な「麵屋 武士道」が有りました。
「汐見橋」で再び西に。チョット行って「大正橋」から又々南に。高速の下をくぐるとあと少し。
空腹でアルコールは胃に悪い、
 → と云うか「其れなら午前中から飲むな」と云う考え方も有りますが、
 → お握りを買ってムシャムシャして準備万端でお店に到着しました。11時前でしたが既に先客が、
カップ酒2杯目で、太刀魚釣りの話で盛り上がっておられました。
お店の大将(「お父さん?」とお二人で営業されている様です。)沖縄からの方なのか、
彫りが深くて凛々しいお顔建ちです。
 → 「ビクトリア 愛と復讐の嵐」に出てくる「ディエゴ」似の男前です。
まずは、「オリオンビール」と全4種類のホルモンを一本ずつお願いします。
目の前の鉄板の上には大きな脂の塊、鉄板の四方に串に刺さったホルモンがそれぞれ並んでいます。
四本食べ終わる頃には、「チュウハイ」に。「あぶら」と「レバー」を追加して、ジールもワンカップに。
「つり名人」はほろ酔い加減でお愛想です。
奥の冷蔵庫からボールに入ったレバーが、小さくカットされていて、そのまま鉄板の上に。
「串は刺さないんですか?」と伺うと「焼いてからでないと刺せないんで」とのこと。
鉄板の上でタレを掛けながら焼けてきたレバーが次々と串に刺されて鉄板のコーナに並べられていきます。
感心して見入っていると、お客さんが入って来られました。
 → ご常連さんのようで、飲み物だけ注文されると、前の鉄板にホルモンの串が並びます。
そこから食べたい分だけ食べるシステムのようです。
5本、10本とお土産に買って行かれる方もいらっしゃいました。
ジールは「あぶら」が気に入ったんで2本追加。→「ハマル人はハマル」とのこと。
アルコールも進んで、気が付くと二杯目のワンカップに。
レバーの次は、串に刺さったホルモンが沢山出て来ました。
鉄板の上で、タレと絡みながら踊るように焼き上がって行きます。
出来立てのホルモンがちょうどジールの前の鉄板のコーナーに積み上げられ、
思わず「これ頂いて良いですか?」と、「どうぞ」 → 焼きたてはヤッパリ美味しかったと。
 → どうも、ビールも追加したようです。
 → この当たりから酔いが回って来たようで、少し記憶が曖昧です。
 → お勘定して、向こうの商店街に向かったと思うのですが
 → 多分「沖縄の物産」を探しに行くはずでしんた。
 → そう云えば「沖縄そば」を食べたように思います..... 。
 → 気が付くとお家のリビングで「へたって」寝ていました。
 → そして、玄関にはティッシュの箱とプチトマトが。
ズボンのポケットを探ると「スーパーマエダ」のレシートが。
(写真は、讃岐で買って来た一升瓶トリオ → 今日は飲めません。 → 明日もしんどいかな?)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。