2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らの道 2012(8)幻の中華そば加藤屋 県庁前もり〜んの章

20120810

今日は「ユックリ」で、「オリンピック」の結果を「テレビ」で。
「関目神社」9:10頃。 → これ位の時間になると「暑い!!!」。「日陰無い!!!」
「関目高殿駅」から久しぶりの「地下鉄」。 → 「混ん」でます。
「東梅田」から「JR」に。
9:45発「新快速」に。
「弱冷車」で、何とか座れました。
こちらも混んでます。
「京都駅」まで30分。「親子連れ」さんとかが、「ドサッ」と降りて行かれました。
10:25「大津駅」到着。
北口を出て「真っ直ぐ」、「京町3丁目」の交差点を東に、「県庁前」の交差点を北に。
駅から10分弱で到着。
「らの道」八軒目の「幻の中華そば加藤屋 県庁前もり〜んの章」さんです。
未だ、1時間あるので、
 → 「折角大津に来たんやったら琵琶湖を見とこッ!!」と真っ直ぐ進んで「京阪」を越えて、
「大津の浜」をぶらついて「埠頭」の先からは「琵琶湖を跨ぐ橋」が見えます。
いつもの様に、当たりを「ブラついて」、15分前からお店の前に。
暫くすると、ヤってきた「オッチャン」二人が、ドアを開けて「ヤってます?」と。
「暫くお待ちください」と、計三名で待つ事に。
開店5分ほど前に、「準備はできていませんが、暑いですからお入りください」とのこと。
でも、「オッチャン」が先に。
「ジール」は入って直ぐの「カウンター」の端に座りました。
「幻の中華そば醤油」の大盛りチャーシュー麺でお願いしました。
「なんか抜かされたんかなぁ?」とウジウジしながら待っていると、
目の前の厨房で「三人分」のラーメンが同時に出来上がって、
直ぐ前の「カウンター」と云うこともあってか、「ジール」の所に「一番」に。
少し細目のややちぎれ?麺で、「フーフー」して「ズルズル」行くと、「角」が分かる感じです?
大きな四角の「メンマ」は歯ごたえがあり、
そんなに厚くはない「チャーシュー」は脂身と層になっていて「懐かしくて美味しい味?」。
「お汁」は、醤油に旨味が加わった感じ。
「ご馳走様でした!!!!」
「お勘定」して「スタンプ」をお願いします。
お店の方が、
「長い間お待ちいただきまして、申し訳ありませんでした。(多分こんな感じでした。多分ねぇ。)」
 → 「えっ。わっ。分かってはったんや。一番で待ってた事」と思わず嬉しくなりましたが、
お店に入って来た時そんなに「嫌そうな顔」してたんやと、
50才を過ぎて大人げない自分が恥ずかしくなりました。 → 「子供爺ちゃん」やからな。
駅に戻って11:58発「快速(普通)」で。大阪に戻りました。
今日も「東梅田」までに、「松葉」で「生大」と「ウインナー」、「551」でお土産です。
(写真は、「お中元」に何時もの様に「恩師お二人」にお届けした「黒小玉すいか」。
    珍しいんで、「自宅用」にも買いました。甘くて美味しかったです。」
                       → 「果肉」が「モチッ」とた感じでした。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。