2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らの道 2012(2)中華そば 無限

20120707

夜中に、「ピカッ」「ゴロ・ゴロ・ゴロゴロ」で目が覚めました。
 →「酔いが醒めた」だけかも...。
ともかく、今朝も「ユックリ」目で家を出ます。
「関目神社」9時半。「ドンヨリ」とした「お空」。
「京橋」から「銀橋」を渡って、「梅田」で10時半。「お日さん」も「ピカピカ」です。
そのまま「西」に。
「野田阪神」を越えて、「やとう」さんの向かい「中華そば 無限」さんに、11時10分着。
お待ちの方は3名さん。 → 「らの道」二軒目です。
お店の前で待っていると、西の方から「黒い雲」が。
 → 文字通り「雲行きが怪しく」なって来ました。
並んでいるとお店の方(「メガネのお姉さん」)が、
「そちらはお隣の前になるのでコチラ側に並んで下さい」と。「スミマセン」。
開店(11時半)の10分程前に「メガネのお姉さん」が「メニュー」を持って回って来られました。
「限定」の文字に「煮干しプレミアム」をお願いしましたが、
「前の方」と同じなので、「メンマ増し」でお願いしました?
しばらくすると「雨」が降ってきました。張り出した「テント?」の下で「雨宿り」して。
定時にお店の中に七名が入ります。
向かって「左」が厨房で、「如何にも」な「大将」と、「お兄さん」が二人で切り盛りされています。
厨房前の「カウンター」の奥から二番目に。
詰めても20名程度の客席で、5分もすると「満席」で、「外」に待たれる方も。
丁度目の前で「盛りつけ」られて、
その向こうに大きな「中華鍋」から「炎」がはみ出して、横が「茹でがま」です。
頭上の「液晶テレビ」から「ジール」最近のお気に入りの「100パーセント」のCMが流れる中、
二回目に「ジール」のラーメンが出来上がりました。
細くはないストレート麺です。
喉越しも良くて、細長い「メンマ」に、「焼き目」もうまそうな「焼き豚」と、
薄っすらピンク色の鶏のササミみたいナンが、両方美味しいです。
縦割り半分の半熟「煮玉子」が、お箸でうまく掴めず「四苦八苦」。
「煮干」が前面に出るのではなく、「汁」を飲み干しても、後口もしつこくはなくて、
「ご馳走様でした!!!」
「メガネのお姉さん」にお勘定しながら「スタンプ」をお願いすると。
「お会計の後です」と → 「スミマセン」
外にでると、雨は止んで、曇り空に。
来た道を戻りますが、「大阪駅前第一ビル」一階の「上田酒店」で
「スーパードライ」大瓶一本を、さっきのラーメンの「余韻」で。
(写真は、「ホンチョ(紅酢)ソーダ」です。
  「家の奥さん」が買って来てくれました。
    「柘榴」の方をのみました。チョット酸っぱ目でした。 → 「名前」の通りです。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。