2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早いもんで

20120603

5月18日(金)に「左脹ら脛」が「肉離れ」を起こして二週間と少し。
あした「月曜日」から会社です。「勝手」云うて「二週間」も休ませてもらいました。
初めは、「トイレ」と「食事」と「シャワー」以外は「布団」の上で横になっていました。
 → そうは云っても、体も動かしますから(寝返りとかもしますしネぇ)、
ナンかの弾みで、「肉離れ」の所が「痛み」ます。
移動は「四つん這い」、「フローリング」で「膝」が痛いので冬用の「サポーター」を
両方にはめていました。
「トイレ」で腰掛けているだけで(多分「重力」で)、痛いです。
立ち上がると、右足だけで「ケンケン」して動きますが、ヤッパリ「痛い」。
 → 「肉離れ」は、「左脹ら脛内側の真ん中当たり」でしたが、
「庇うん」でしょうね、周りの「筋肉」も痛くなってきました(「筋肉痛」??)
26日の「お医者さん」に行く時は、「どないして行こうか??」と事前に電話を掛けたところ、
「車いす」と「松葉杖」のどちらでも貸していただけるとの事で、
「家の奥さん」に「車いす」を借りてきてもらって、うかがいました。
「ジール」は「楽ちん」でしたが、「家の奥さん」は、合わせて「三回」も往復。
 → 「本当にご迷惑をお掛けしました。」「ありがとうネぇ」
そんな、状態も、「お医者さん」の「予言?」通りに十日目を過ぎる「29日」頃から
急に「楽」に成ってきて、月末(31日)には何とか「両脚」で立てる様に。
昨日(2日)に、「壁を伝いならが」廊下を歩けるように成りました。
昨日も「お医者さん」に。 → 「無理をせずに少しずつ」とのお話でした。
その時に、「松葉杖」は「一つ?」使っていましたが、
左足が「動かない」ので、左側(左手)で使って、「家の奥さん」と「お医者さん」に向かいました。
「診察」が終わって立ち上がろうとすると、
「左脚に怪我の時は、松葉杖は右側ですよ。」と。
 → 「こう云う具合に使ってくださいね。」と身振りを交えて教えていただきました。
「え〜。そうなんですか。てっきり左脚が悪いんで、左側だと思ってました。」
右側に持って、左脚と同じ様に動かすと、
 → 確かに、「バランス」が良くなって、歩き易くなります。
先週、「松葉杖」をお借りした時は、「車いす」で往復でしたし、
その時は、左右両手で「松葉杖」を持って使い方を試していましたので、
「片方」だけの時の使い方はうかがっていませんでした。
「知らない」と云うことは怖いですネ。
お陰で、「帰り」は早くお家に着きました。
(写真は、「家の奥さん」が買って来てくれた、今年の夏用の「クレープ肌着」の上の分です。
                                 今年は「ボタン付」です。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。