2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうよジールは...

20100123

「家の奥さん」は、ジールによく「あだ名」を付けてくれます。
毎日では有りませんが、週に何個かは。殆どはその場限りで、「忘却の彼方」に消えていきますが、
たまにお気に入りになって、次の日以降も使う事も有ります。最近のヒットは「オカシーノ君」。
 → 「『おかしい』のおー」ではなくて、「オカシーノ」。
語尾は上がり気味で、どちらかというと「イタリアン」な感じ。 → 雰囲気です。あくまでも。
「自分の考えが変わっていて、世の中の普通からはそれなりに距離が有る事を意識しておく方が、これから
人生が楽しくなる」と「家の奥さん」に云われてしまいましたが、50年もこれで生きてきましたんで、
今更どうにも成りません。だから私は「オカシーノ君」。
例えば、お腹が空いてきて目に付いたお店に入った時、出てきた料理が本当に不味かったらどうしますか?
 → 先ず、その料理は食べきります(勿論、それを食べると、自分の健康や生命に危険が及びそうな
場合は別ですが)。お店に入って注文したんですから、それはお客の「義務」です。
食べ終えたら、お腹が一杯でなければ、もう一つ何か注文します。
 → 今食べた料理が、普段は「本当に美味しい」はずが、何かの偶然が重なってしまって、たまたま
「今回は不味かった」、或いはその料理が、このお店で「唯一不味い料理だった」場合も考えられるから。
このままでは、このお店には二度と来ないでしょうから、ひょっとすると、「ムチャクチャ美味しい何か」
を一生食べ損ねてしまうかもしれないからえす。 → 実施には、そんな物に当たった事は有りませんが。
そんな訳でジールはやっぱりオカシーノ。
どこかの商店街で、小柄で、派手な色系の服を着たスキンヘッドの「爺」を見かけられたら、どうか声を
掛けて下さい。「『おかしい』のー」では無くて「オカシーノ君」と。 → 語尾は上げ気味でね。
(写真は、サンヨウのエネループの一億本出荷記念で発売された「eneloop tones」です。充電式電池を
パナからエネループに替えようと、アマゾンで調べていて見つけました。 → 「ラッキー!!」と
2セット購入しましたが、余りの「かわいさ」にもう1セット買ってしまいました。
 → きっと使わずに大事に仕舞って、時々眺めていると思います。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。