2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元「ジール」

20100330



*スイマセンが「痔」の話ですが、宜しければご覧下さい。


3月13日土曜日、「休みの特権」と午前中からビールのロング缶を
2本呑んでコタツに入ってウトウトしているとと、
「ふと」お尻に違和感を感じて目が覚めました。
「圧迫感」と「痛み」が。おそるおそる触ってみると、「ゥッワー!!」「何やこれ」
 → 月曜日は休めそうに無いので、会社が終わってから行ける良さそうな病院を探しまあした。
日曜日は取りあえず「プリザS」塗って、「うどん巡礼」最後のお店に。
 → この時期で良かったです。
15日(月)会社が終わって、阪急で「十三駅」から「上新庄駅」に。雨の中緊張しながらお医者さんへ。
俗に云う「疣(いぼ)ジール」→  じゃなくって「いぼ痔」です。奥にも出来ているとのこと。
16日、一日「悩んで」 → 「考えて」、本当に「死んだつもりで」、手術の申し込みに行きました。
26日金曜日でお願いしました。日帰り手術だそうです。採血とレントゲンと心電図を計って、
 → 「ああ、来週手術や」今まで一度も「切った」ことが無かったんで、今週分エネルギー使い果たして
「ヘトヘト」な脱力感で帰宅して、「家の奥さん」に話をすると、病院の名前を聞かれました。
2時間ほどして呼ばれました。
「ネットで調べてみたけど、入院できる病院も調べてみたら。日帰りで手術して、その晩に痛んだり、
チョットでも出血したら、アカンやろ」と。 → 確かに「心配性」のジールは仰る通りです。
先のことは週末(3連休)に考えることにして、「お尻」に悪そうなお酒とか刺激物は食べないで、
余り「力まず」生活をする事に。
チョットだけ違和感が少なくなりましたが、良くも悪くも成っていません。
 → 先生も「手術しないと直りませんよ。」と仰っておられました。
椅子に座りっぱなしの仕事が続くと、調子が悪くなるんで、出来るだけ立ち上がるようにしていましたが、
それでも仕事ですからそうも行かない事も多くて、そんな後は「しんどく」なります。
 → そこで、20日(土)にドーナツ型の低反発座布団をAmazonnでポチ。
21日(日)「黄砂」で見通しが悪い中、「家の奥さん」は船場にお買い物に出かけました。
お昼前に、昨日買った座布団が、大きなPケースで届きました。「デカイ」です。中から出てきた座布団も
ヤッパリ大きかったです。でも、椅子に敷いてiMACを使うと楽でした。
午後2時ゴロに「家の奥さん」が大きな紙袋を何個も下げて帰ってきました。
「これ、なか見てみて」
中からは、ドーナッツ型の座布団が三つも出てきました。 → 「ありがとうネ!!」
ブラウン系の落ち着いた色合いのんは会社用に。羊の頭が付いた分は、TVの前に。
表裏がピンクと白で、まるで「ミスド」の「ポンテリング」みたいなんはソファーの上に。
日曜日・月曜日と「座布団」使っていると調子が良いです。
23日(火)は、宴会に誘っていただいたんで、会社から急いで帰って、お風呂に入って、
「ぬくもって」、薬も塗って白とピンクのんを袋に詰めて持っていきました。
もちろんアルコールと刺激物は「自主規制」でしたが、冷たいウーロン茶で充分盛り上がれて、
楽しい時間は「アッと云う間」でした。良い話も伺えて、白とピンクの座布団で、「ポンデ・ライオン」に
「モーツアルト」に「ナポレオン」がそこそこ受けました。 → 「早野凡平?」さんのパクリですが。
26日(金)、この一週間、会社の仕事は、座布団のおかげで何とか無事に過ごせました。
肥後橋で17時に仕事を終わって、テクテクと「淀屋橋」から「中之島」そして「天神橋筋商店街」に。
アーケードを北に、「天六」の東の筋を少し北に行くと、二階建てのお医者さん。階段を上がって受付に。
名前を呼ばれて、診察室に。 → 「ウッ、」机の上も、壁にも、すごい写真が。
「いぼ痔」ですと症状をお伝えして、診察台に上って、横になって見てもらいます。
診察は「あっと」云う間におわりました。
「今のところ、手術は無理には進めません。」
「このままほっといたら、いずれ手術する事になります。」
「早めに手術した方が楽ですよ」  とのこと。 → ヤッパリそうですか。
診察室を出て、待合室で待っている間に、 → 「やっぱり、手術せな仕方ないな」と。
また、名前を呼ばれて、薬をいただいて、お会計に。
  → 手術は「月・水・金」で入院は1泊とのことでした。その後1ヶ月ぐらいは通院するとのこと。
取りあえず、「今日のところはここまで」と病院を後にしました。
帰宅して「家の奥さん」に報告しました。
「そこで切ったら「やる気スイッチ」」
 → 某学習塾のCMをテレビで見ていて、「ジールの『やる気スイッチ』はこんな所に見つかった」と
云うと大受けで、我が家では「アレ」は別名「やる気スイッチ」と呼ばれるようになりました。
「心配性」のジールは、このままで「生活」していると、「やる気スイッチ」にも悪いでしょうが、
気持ち的に「しんどく」て、調子崩して別の病気に成りそうです。
30日(火)会社を午前半休で、再び「二階の病院」に。
「家の奥さん」から手術の日を決めてくるように云われています。4月23日でお願いしました。
 → 決めてしまったんで、「色々考えても」仕方ないので、4週間弱ですが、「無理せず」過ごすことにします。
(写真は「かえるチャン」シリーズの、朝食に欠かせない笑顔の「ケロケロトレイ」です。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。