2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、瀬戸内海ぐるっとツアー (五日目)

20110503

昨日は、何故か11時過ぎまで起きていました。
連休も「終盤」、体が「普段」に戻ろうとしているのでしょうか。
「真面目ですね!」
 → 「うどん」でお腹一杯、寝られなかったんだと思います。
今朝は4時過ぎに目が覚めました。5時まで「グズグズ」して、お風呂を入れます。
朝食用の「パン」は、昨日食べてしまったので(アラッ!!)、
「デコポン」2個と「オレンジジュース」で、「チョット」腹ごしらえ。
お風呂も上がって、頭も剃って、5時45分に出発。天気は「鈍よりと曇っ」て、肌寒いです。
人影もまばらな「JR丸亀駅」を通って、駅の北側に。
昨日うかがった「うどん浜っこ」さんのを過ぎて、「さぬき浜街道」を少し西に。
「ゴルフ場」沿いを北に進むと見えてきます。今日の一軒目は「まごころ」さんです。
引き戸を開けて入ると「開店(6時)」直後で「空いて」ます。
 → でも、どう見ても大きな「温室」です。広すぎます。
「さあ、今日も一日頑張るぞ!」と云った感じの「厨房の方」に「かけの(中)」とお願いすると、
出てきたのは「小」。「あれッ?」と成りましたが、「厨房の方」は「はい、次の方」と云う感じ。
取り残されて呆然の「ジール」は、それでも上目づかいの、恨めしげな目で、「ちゅう〜」ともう一度、
たぶん「タコさん」みたいな口で...。
すると「厨房の方」が「大、二玉?」と、 → 「ハイ!!大で!!」と笑顔の「ジール」。
二玉入りの「鉢」をもらって、三百円。
そのままで、熱い「お汁」を注ぎます。奥のテレビ正面の「特等席」に。
麺は温め無かったんで、「フーフー」しなくても大丈夫。
「お汁」で、温もって滑りもイイ「うどん」は気が付くとお腹に。
「お汁」もイイ香りで「ご馳走様でした!!」。
返却口の「ベルト・コンベヤー」に「鉢」を返すと、ユックリと向こうに行ってしまいます。
「ごちそうさま!!」と外に出ると、やっぱり「曇り空」ですが、
「うどん」を食べて「温もっ」て、「お汁」のイイ香りも残っているので足取りも軽くホテル。
一息ついて、7時10分頃ホテルを出ます。「市役所」の前の道を西に真っ直ぐ。未だ「曇り空」。
道が南北に延びる道に出たところで終わります。
その北側の角に今日の二軒目「めん食堂 味見亭」さん。時刻は7時半で開店まで三十分です。
北に曲がって「JR讃岐塩屋」まで「ユックリ」行って戻って10分前。
お店の「シャッター」が少し上がっていて、駅から戻る時に「お店の裏側」が見えて、
「準備中」の気配は有りましたんで「休み」では無さそうです。今度は南に「行って戻って」。
「ちょうど」に開店しました(「ポール」です)。
「金髪・パンチ系」の「大将」に「しょうゆ(大)」をお願いしました。これから茹でられる様です。
こちらでも「オバマさん」が出てくる「ニュース」を見ながら待っていると、
15分程で呼ばれたんで、「カウンター」に。
「大根おろし」にしょうゆを少し垂らして、テーブルに戻ります。
「おネギ」と「レモン」も乗ってますので、横によけて、「うどん」を。
「ツルツル」とお腹に。残り少しに「大根下ろし」を「グチャグチャ」で「ご馳走様でした!」。
「濃いめの色」の「おネギ」は、嫌みのない「美味しさ」が後に残りました。
相変わらずの「曇り空」の下、ホテルに戻ると荷物をまとめて「チェック・アウト」。
「丸亀お城まつり」の人手で混みだした「丸亀駅」から「坂出駅」に。
駅を出て、少し西に進んで、南に行くと「日の出製麺所」さんに「お土産」を買いに。
未だ10時半ですが、「連休」なので食べてられます。並んでられます。
「笑顔のお姉さん」に「発送伝票」3枚分お願いして、お店を出ます。
「時間も有るんで、歩いて戻るか。」と北に歩き出しましたが、「アーケード」を発見して、そちらに。
「プラプラ」歩いていくと、「坂出駅」の北側に戻ってました。駅前のスーパーの一階の食料品売場に。
「ゴレンジャーのレモンスカッシュ」が売っていましたが、「ウワ〜!!」と思いながらも
「缶々五個は重い」し「大阪にも有るやろ」と諦めて「坂出駅」に。
「えきした」のスーパーが有りましたんで、こちらも「うろつい」て、
「坂出駅」から「丸亀駅」に戻りました。12時少し前。
「そうやん!今日は開いてるはず!」と駅を出て高架に沿って東に。三日目の「見慣れた風景」。
やってられました。今日の三軒目「讃岐夢うどん 夢う」さんです。
お店に入って、カウンターで「しょうゆ(大)」をお願いします。すぐに受け取り、窓側のテーブルに。
「ツル・ピカッ」とした「おうどん」はすんなりとお腹に。「小麦の香り」もしてきます。
最後に少し「しょうゆ」を掛けて、 → 「あっ!」掛けすぎた。
「ご馳走様でした!!」と、「鉢」を返して、出ようとすると「大将」が「遠くから?」と、
「ハイ!大阪からです」
 → 「ジール」は「こちら」には余り居ない「タイプ」の様です。
 → 「大阪」でも滅多に居ない「タイプ」やで。(「家の奥さん」談)
でも、食べれて良かったです。
昨日、エンジン掛けられた所の車から降りてまで、色々と教えていただいた「お母さん」
 → 本当に「ありがとう御座いました!!!」
お店を出て歩いていると、お醤油の甘い「イイ香り」が、広がってきます。
 → 「掛けすぎた」負け惜しみでわ無くて、これだけで「常温」一杯は行けそうです。
「お城」の辺りをぶらついて、夕方に「移動」する予定でしたが、
「人出」も凄く成ってきたので、移動することに。午後1時過ぎに「丸亀駅」から「坂出駅」に。
「快速マリンライナー34号」で終点「岡山駅」を目指します。
未だ時間が早かったお陰か、「スンナリ」と座れました。
「曇り空」の下「瀬戸大橋」を渡り「列車」は北に進みます。
午後2時過ぎに「岡山駅」に到着。「連休」でホームから混雑。人・人・人・人・。
午後2時半にチェック・イン。
こちらも「何か」やっている様で。バンドの生演奏と歌声が聞こえてきます。
午後3時過ぎに外に出ます。駅前からの大きな道を付き当たりまで進んで、左側に進みました。
立派な建物が有りました。「岡山市立オリエンタル博物館」との事。
たまには、「こんな」んも見てみるかと、300円払って中に。
 → でも、「向いてない」です。「黙って」「ユックリ歩く」ことが「無理」です。
   30分程で「撤収」。
少し戻って「商店街」に。入ってすぐに、「時計台」が有りました。
アーケードを端の方まで「ブラつい」て、岡山の町中でよく見かける「キムラヤ」さんで
パンを三個買って戻りました。
 → やっぱり、こっちの方が「向いている」。
「パン」をホテルに置いてもう一度外に。
今度は、駅の「西口」側に、駅前の案内板を見ていると「商店街」が有るようです。
駅前の「大きな道」を右の方に少し行くと「アーケード」発見。
「昭和の風情」も香る「店並み」を10分程歩くと「アーケード」が終わり、お店も疎らに。
「交差点」で信号も「赤」に成ったので、戻ることに(お腹も空いてきたんで...)。
「ユアーズ」(「えきそと」か「えきした」?)で色々買って宿に戻りました。
(写真は、「キムラヤ」さんの「グリンピースパン」です。
            「丸に木の字」のマークに惹かれて買いました。勿論「美味しかった!!」)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。