2017-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月は ペドロ・パラモ 輝く日の宮 魔法 封じられた街 完全なる首長竜の日 アフターダーク(12年5月)

20120601

今月は、7冊です。5月の後半に「ちょっと」時間ができて...。

「ペドロ・パラモ」ファン・ルルフォ著
アマゾンで「ポチ」しました。「ジール」のイメージ通りの「ラテン文学」。
至って拘らずに本を読んでいるんで、「時間」が前後して「生死」の境目が不明瞭なのは
余り気にしないので(?)、それ以外の「読みごたえ」を求めるので、
「ヤッパリ」有る程度の「厚み」がほしいです。でも、この雰囲気好きです。

「輝く日の宮」丸谷才一著
「ストーリー」も「登場人物」もおもしろくて読み続けてしまいます。
でも「源氏物語」は「サッパリ」です。
 → 「後生」は「平安時代」の「生霊」なんてどうでしょう?

「魔法」クリストファー・プリースト著
「サンリオSF文庫」で二冊、「創元SF文庫」で二冊読んだのは、確か「四半世紀」以上前でした。
なので、「久々プリースト」。
とにかく読み始めたら「止められない。止まれない。」 → 一気に読んでしまいました。
何でしょう。この、読んだ後の「宙ぶらりん」。でも、「面白かった!!!」

「封じられた街(上・下)」沢村 鐵著
「イバタ」の帰りに「丸善ージュンク堂」でカバーのイラストで購入。
その印象通りで「ジュナブル?物」。 → 「怪人二十面相」の「ポプラ社」やし。
「スティーブン・キング」を「オーレ」にして「胃に優しく」した感じ。
「イッキ」に読んでしまいました。
「元気」になれます!

「完全なる首長竜の日」乾緑朗著
こちらも「イバタ」帰りです。
「このミステリーがすごい!」大賞受賞作ですが、「SFです。それもバリバリの!」
「面白い」ですし「終わり方」も「アリ」だと思います。
 → ただ、設定が「現代(近未来?)日本」だと、どうも「すわりが悪い」のは
「ジール」の了見の狭さからでしょうか?

「アフターダーク」村上春木著
「順番」から云うと「浜辺のカフカ」を読むんですが、手に取ったんでこちら読みました。
気が付くと、読み終えていました。
午前0時前から夜明けまでのお話です。
「ダンス・ダンス・ダンス」が1988年なら、こちらは2004年の日本(世界)なんだろう。
と「ぼんやり」と考える「ジール」でした。

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。