2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリうどん(二回目)  歯医者さんの後に「真打」さん

20100717

「梅雨」でしたがタイミング良く雨が止んで、火曜日〜木曜日は、
「十三」から「関目」まで無事歩いて帰れました。
 → でも、金曜日には「しんどく」て、阪急で梅田に、
地下街の「中央軒」で、疲れたときの定番の「皿うどんの大盛り」。
「お酢」いっぱい掛けて、むせ無いように、歯が「シーシー」するのも気にしないで、汁まで食べきると、
元気に成った気分に。
 → 「地下鉄」で帰って、缶ビール(「ちっちゃい」の)二本で良い気分で夢の中に。
明けて、土曜日は「歯の定期検査」に。この前から、間隔が3ヶ月から半年になりました。
本当は5月の予定でしたが、診察のイスに座れそうになかったので、七月に延ばしてもらいました。
朝一番から、久しぶりにiMacにつないだiPadが、固まってしまって、仕方なく「復元」する事に。
 → 「嫌な予感」が...。
梅雨も明け、真夏の日差しの下を「歯医者さん」に。いつもの様に早く着いて、30分ほど待つことに。
ようやく時間で、診察用の椅子に座りました。
「どうですか?」との問いかけに、「そう云えば、何か歯がしみる時が有ります」と答えると、
「どうですか?」と歯の根本にシュー、シューと、 → 多少しみるので、そう答えます。
「歯の根本の方がキツく磨いてすり減ってますね。」との事で、治療することになりました。
 → ああー、「皿うどんにお酢かけ過ぎたんが悪かったんかなあ〜」と妙な反省をしながら、
歯垢のチェックや歯磨きのレクチャーを「上の空」で受けながら、今日の検査は終わりました。
 → 来週の土曜日から治療する事になりました。
色々有りますが、もうすぐお昼。気分を切り替えて「お昼ご飯」に。約1時間は飲食禁止と云うことで、
それ位で食べられそうな「お店」を目指します。
鶴見緑地の「花博公園」は、この炎天下でも「キャンプ場」や「バーベキュー場」は、結構な賑わいです。
流石に、炎天下の芝生には人影も疎らでしたが、正面すぐの噴水には、「夏場の風物?」のお子さんと、
取材のTVカメラが。
公園を抜けて「門真ジャンクション」に。「第二京阪」の工事が終わり、歩道も整備されたので、
歩道橋を越えると高速沿いに真っ直ぐで到着です。今日のお店「真打」さんです。
「順番待ちの票」に名前を書いて、 → 9番目でした。
待っていると、早い目に呼ばれました。一人なんで早かった様です。 → 「チョット」徳した気分。
「ジール」の数少ない「ともだち」が「カツ丼+ミニうどん」を二重丸で薦めていたんですが、
今回は「温玉エビフライカレーうどん」の麺大盛りのご飯大盛りに。 → こんど「カツ丼」行きまあす。
顔とか腕とか日焼けしたようで、「チョット」ひりひりします。「生中」とか、グーと行きたいんですが、
昨晩ビールを飲んだので、今日は「アルコール抜くDay」。我慢します。 → エラい!
窓から「第二京阪」を眺めているとやって来ました。
大盛りは器から大きかったです。急いでエビフライをご飯の上に「避難」します。
前掛けを慎重に結んで(「ジール」ですからカレーのお汁が服に飛ぶのは間違い有りませんが...)、
熱々のうどんを小鉢に取って(この時点で巧くとれずにテーブルにも「跳ね」を飛ばしています。
 → 向かいの「相席」の方が帰られていて「空席」で良かったです...)、
ふーふーしてからいただきます。
「冷たいうどん」の様には行きませんが、うどんはお腹に入って行きます。
うどんが、大体無くなった所で、エビフライとご飯に。尻尾もカリッと美味しいです。
カレーをご飯に掛けて、食べずにいた「温玉」もと探すと、 → 崩れて底の方に。
最初にご飯に載せとくべきでした。ア〜アッ↓。
でも、何とかバラバラのをすくってご飯に。グチャグチャーと混ぜて食べていると、
 →何処かで聞いた歌が聞こえて来ました。耳を澄ますと店内に流れているのは「うどん巡礼の詩」です。
スイマセン、食べるのに精一杯で、すぐに気が付きませんでした(許して下さい)。
妙に嬉しく成りながら、ご飯を食べ終えました。カレーのお汁は飲み切れませんでしたが、
もうお腹「パンパン」です(勘弁して下さい)。
お勘定をして、帰りしなに奥の「大将」の笑顔と目が合って、「ご馳走様」してお店を出ました。
やっぱり夏の日差しの下、麦茶のPETボトルを買って、「水分補給」しながら来た道を帰ります。
 → 勿論「土曜日」なので「たこ焼き」も忘れずに買いました。
(写真は、「ヤッパリ夏にはこれ!」とアマゾンで「ポチッ」したベンチャーズ。テケテケテ...。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。