2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もグル~ッと(二日目)

20120429

今日は「尾道」から「伯方島」までの「しまなみ海道」をテクテクです。
天気予報は二転三転して「晴天」に、これも「家の奥さん」が何してくれたお陰です。
4時に目が覚めて「ミスド3個」の後、お風呂に入って、準備して、渡船乗り場に。
6時8分の始発をベンチに座って待ちます。「ヒンヤリとした瀬戸内の夜明け」。
6時12分に、フェリーを降りて出発です。
今回は、無事に歩き終えるか非常に心配な状況です。
去年から体重が5キロほど(約1割)増えてしまって、
おまけに先日京都まで歩いた、筋肉痛が未だ直りきっていません。
 → とりあえず、「シップ」と「サロンパス」を朝から「ベタベタ」と貼って
「膝のサポーター」を両方に装着しました。
何時も通りにプーマの「緑のリュック」に「赤のポーチ」と手にはビニール袋
(今回は、十三で仕事が終わり「イバタ」で二杯の後、酔った勢いで新御堂沿いの「丸善ージュンク堂」で
買った本を入れていただく袋です(初めて買った時に特製のターコイズの袋をもらったのに味をしめて
買っているのですが、それからは紙袋かこのビニール袋。重たい本を入れるので、丈夫な逸品です。)。
でも歩き出すと、天候にも恵まれて、順調で前回より10分遅いゴールに成りました。
今回、周りの「イベント」のスケジュールの為か「サイクリング」の方が多かったです。
 → 機材、衣装と「バッチリ」決めた方、「レンタル」で走ってみましたの方、と色々でしたが...。
それに比べて「ジール」の様に歩いておられた方は、確認できたのは「5名」。
 → うち二名は、「何で」と呟くぐらい「大きなリュック」の外国人のカップルでした。
残りの3名も、本当に「小さなリュック」で走っておられて、「ジール」の様に「歩いて」おられる方、
まして「ビニール袋」を握りしめられている方は皆無でした。
まぁ〜、それも有るのでしょうが、「歩く」には何かと「肩身が狭い感じ」です。
 → 「敢えてココで歩く意味は無いのかな...」と感じています。
昨日、「土生港前」の「待合い所」でお母さんから、「歩くだけでなくて、周りの島も含めて一度ゆっくり
巡ってみたらどう?」と伺った事が思い出されます。 → 今回の「宿題」です。
尤もらしく云いましたが、多分飽きて来たんでしょうネ。だって「ジール」ですから。
何とか「宿」について、4時過ぎの「一番風呂」から出て、部屋で「テレビ」の天気予報を見ると、
「明日は雨」とのこと。「あれッ!!」天気予報が又変わりました。
 → そう云えば、昼前から、吹く風が妙に涼しくなって、歩くのには良かったんですが、
空も「薄曇り」になっていました。
「ビニール合羽」しか持っていない「ジール」は、晩ご飯で「食堂」に降りた時にこちらの「お母さん」に
相談しました。
余談ですが、この「お母さん」、お客さんへの対応もですが、従業員の方への言動
(「ジール」が知っているのは「食堂」や「一階のカウンター」位ですが、)に漂う「人間性」、
それに「笑顔」。
 → 「しまなみ海道」のルートを30分以上通り越してもこちらの「お宿」に来てしまうのは、
「おいしい食べ物」も有りますが、「お母さん」の割合が大きいです。
で、相談すると「お母さん」から意外な返事が...。
「もうチョット行くと「ショッピングセンター」が有るんで、そこなら売っているかも?」とのこと。
今まで、こちらの「お宿」から先には行ったことが無かったんで、8時まで開いてるとのことですから、
「晩ご飯」の後に行くことに。
今回は三回目の記念に(?)「デラックスコース」にしたので、今までより更に「豪華のお食事」を終えて
(ビールと常温でイイ気持ちのままで)浴衣から着替えて出発です。
「信号の左側」との事でしたが、信号が見えませんでした。が、港沿いに右に曲がった道を進むと、
向こうに「信号の赤・黄・緑」が見えてきました。
 → 15分ほどで、「伯方ショッピングセンター」の大きなネオンの看板の所に。
右に、曲がると「お店」が見えました。 → 「スーパー」です。
食料費以外にも生活用品が揃っていました。
「傘」は、「ご婦人用」と「お子さま用」のみ。
 → 勿論「子供爺ちゃん」の「ジール」は「お子さま用」の「オレンジ色の55センチ」を購入。
それ以外には、ばら売りされていた「バブ」から、季節外れの「もみじ」と「ライラック」を一つずつ。
それに真っ白の洗濯石鹸「ニッサン徳用」に、「旅先」では不足しがちなので「野菜生活100」の
紫と橙色を一つずつ。
明日の「今治」での「お風呂」と「洗濯」が楽しみに成りました!!!
(写真は、「しまなみ海道」で「ジール」が一番好きな景色の「真っ赤な橋」です。
「向島」の西側を南に進むと見えてくる景色で、未だ7時を過ぎた所の清々しい景色です。
 今回南側にもう一つ橋が架かっていました。
                 → やっぱり「真っ赤」でした。何か「嬉しい」です!!!)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。