2017-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もグル~ッと(一日目)

20120428

3時半過ぎに目が覚めました。
 初めは、1時47分に目が覚めたんですが、「チョット」早すぎで、もう一度スヤスヤ。
「甘酒」を缶かんから「ドラえもんのカップ」に移して、「チン」。
「ヨーグルト」と頂きながら、入れ替わりに始めた「トースト」が焼けるのを待ちます。
「マーガリン」を塗って「へた」から食べます。
今年も「旅」の準備は、「止まる所」以外はギリギリに。
 → 詳細はこの一週間。「荷物」も昨日の晩なんとか四国のホテルに送りました。
「コンビニ」でお願いして、戻って来ると...
 → 「アレっ??」入れたはずの「もの」が畳の上に有りました。
今年も現地で買うことにします。コレも毎回ですが...。
5時に出発。夜は明けてはいますが、空はまだ朝の輝には至らず、空気も「ヒンヤリ」。
「関目神社」から地下鉄「関目高殿駅」に、5時19分が出た所でした。29分で「東梅田」に。
地下街は未だ、起きてません(「松葉」も閉まってます。 → 当たり前か!)
「大阪駅」から5時46分吹田行きの普通に。 → 車内は「お出かけ組」7割程度かと。
暫く下の「ソファー」で休憩してから「ホーム」に。
降りる駅の関係で今回は「こだま」です(九州新幹線はもう席が無いようでした)。
一番端の「20番ホーム」です。6時15分過ぎに上がっていくと、
始発の「こだま」が出たところで人影は有りません。
「ホーム」をうろついて、6時半を過ぎました。
「えぇ〜と。座席はどこやったかな?」と胸ポケットを探ると...
 → 「あれッ!」「乗車券1枚??」
 → さっき一緒に入れていた「iPodtouch」出したときに落としたんやぁ〜!!!!。
歩いた所を、下を「キョロキョロ」しながら戻って行きます。
一番後ろまで行っても、未だ見つかりません。再び「ホーム」を前に進んでいきます。
「見つかれへん。どうしよう??」
 → 流石に「ジール」も焦ってきました。とりあえず「一番前まで」と、「キョロキョロ」進んでいくと、
カップルの方が何か手に持って眺めてられます。
近づいてくる「ジール」に気が付いて「何か」差し出されました。
「お二人」の前に止まって、よく見ると「特急券」でした。
乗車券の改札の時間と覚えていた「座席番号」でご確認いただいて、無事に戻って来ました。
 → 「二枚の券」は胸ポケットから財布の中に移動しました。
「家の奥さん」に連絡すると怒られそうです。
10分ほど早めに「6:59発のこだま」が入って来ました。
「グリーン車」は有りませんが。全車両、左右二列づつの「グリーン車仕様」です。
「ジール」の横には「青いジャージ」のお兄ちゃんの団体が「マクド」してます。
 → 「イイ匂い」お腹空いてくるは!!
食べ終わると、「あッ」と云う間に全員寝てしもた。「缶ビール」も呑んでないのに(当たり前か)。
 → 若いなぁ〜(羨まし気に)。
そんな団体も8時10分頃に「岡山駅」に着くと、降りていきました。
 → 窓から「ホーム」を見ると別の「ジャージ」のお兄ちゃんの団体も歩いていて、「何か」有るんかな?
8時46分「福山駅」到着。新幹線の改札を出て、
「駅員」の方に「尾道に行くのはどちらのホームですか?」と伺うと、
「四番ホーム」ですと、指さして教えていただきました。
「ホーム」に上がる階段にも「尾道方面」とちゃんと書いています。 → でも「聞いた方」が確実??
8:56発の三原行きの各駅に乗り込みます。
今まで二回は、新幹線で「広島」に着いて、西側から「尾道駅」に着いていましたが、今回は東側から。
「東尾道駅」を過ぎて、初めて「尾道大橋」と「新尾道大橋」の下をくぐりました。
 → 「ジール」はドアの所まで行って見上げてました。
9時16分に「尾道駅」に着きました。改札をでると、何か「盛り上がっ」てます。
「テント」が組まれて、そろいの「ハッピ」の方々に... → 「尾道みなと祭り」だそうです。
今日は「尾道観光」と、JR沿いを東に進みます。 → 今日は、「暑く」なりそうです。
10分程で「ロープウェイのりば」の看板を発見。JRの下を潜ると、のりばの建物が。
片道券を買って、右奥のエレベータで上に。
1時間の4本で00分から15分間隔のダイヤで、30分のが行った所。
のりばで待っていると、しばらくして上の駅を30分に出発した「ロープウェイ」が到着しました。
乗って出発を待つことに。結構一杯になって15分出発しました。
 → その、「チョット」前に事務所に「お弁当」が届いたのを見逃しはしませんでした
(自慢する事でも無いような...)。
5分ほどで上の駅につきました。「千光寺公園」です。
「さくらの名所」とのことですが、もう終わっています(当たり前か)。
ここから急な階段を下りていきました。
 → 本当に急で大きな階段で、「ジール」は「ビビりながら」降りていきました。
「文学記念室」を目指して降りて行ったんですが、どうも行き過ぎた様で、気が付くと「志賀直哉旧居」に。
「暗夜行路」に出てくる「尾道の家」のモデルとのこと。
スタッフの方と色々とお話をさせていただいて、外に出ました。
JRを潜って、交差点を越えると、すぐ向こうに「フェリー」が見えます。
その手前で西に折れて商店街の「アーケード」に入ります。
お店の前に「出店」が出ていたりと「お祭りモード」です。
しばらく行くとお目当ての「桂馬蒲鉾商店」に。こちらにも店先に「出店」が。
「詰め合わせ」が並んでいたので、「単品を何個が買いたいんですが」とお店の方に伺うと、
「中で買えます」とのことで、ドアを開けました。
カウンターには見本が並んでいて奥の方には色々な蒲鉾が積まれています。
「ネット」で見つけて食べたかった柿そっくりの「柿天」に「駒焼」と、
あと二つをお店の方(多分ブログをかかれている方)にお願いしました。
無理かなと思いましたが、「写真撮らせてもらってイイですか?」と伺うと、
詰めた所でこちらに持って着ていただけました。 → 「有り難う御座います!!!」 「カシャッ」
そろそろ10時半です。「お昼ご飯!!」と今度は東に進みます。
「アーケード」は一度終わって、すぐに「復活」。更に進んで交差点を南側の「中国銀行」側に曲がると、
直ぐに見えてきました「朱華園」。
 → でも、誰も並んでいません。「何で」と店の前まで行くと。
背の高いお兄ちゃんが、「準備中」を「営業中」に返して、暖簾をかけられましたので、そのまま中に。
 → まず、注文とお勘定の様です。「中華そば」をお願いして550円。
もらったのは「16」の丸い札です。席は6割方埋まっていました。
 → 並んでいた方が入った所だったのでしょうか。
「ジール」は奥の「カウンター」角の所に座りました。
さすがに「有名店」です、「関東系」のお話があちこちから聞こえてきます。
しばらく待って「中華そば」が来ました。 細目の真っ直ぐな麺を「フーフー」してからお腹に。
 → 堅めの喉ごし。
メンマもコリコリで、大きなチャーシュウは噛みごたえが有ります。アッサリ目のお汁も美味しいです。
浮いてる「背脂?」は「プルリン」でしつこくは有りませんでした。
「ドンブリ」だけ残して「ごちそうさまでした!!!」。
外にでると40、50人並んでられました。 → 「さすが!」
アーケードを西の戻ると、トラックが商店街をユックリと進んでいきます。
「デコレーション」してるんで、「みなと祭り」の何かなんでしょうが、
先を急ぐ「ジール」は横に逃げて「駅」を目指します。
駅前の「バス停」の並びから「因島線」のバス停に。時刻表を見ると00分に出た所です。
「仕方がないなぁ〜」とそこらをうろついてから、戻って来て時刻表をもう一度見ると。
 → 「あれっ。11時は15分で、12時が00分でした。」
 → 「ジール」が見損ねていたようです。「あ〜ぁ、あ〜。」仕方無いですねぇ。
と云う訳で12時のバスに乗りました。
後ろの方の二人掛けの椅子に座ると、手提げのビニール袋から、さっき買った蒲鉾の袋を取り出して、
「コソッ」と封を開けます。
 → 「良くない事」ですが、「すみません」順番にいただきました。「コソッ」と。
「駒焼」は、「厚焼き卵」と云うか「伊達巻き」と云うか、甘みが有って「フワフワ」です。
「柿天」とか残りは「おいしい天ぷら」。
「ご馳走様!!!」で「行儀悪くてすみません!!!」
バスは西に進んで登り坂に。 → 「尾道大橋」に向かいます。「ジール」が渡った事のない「橋」。
バスで渡りました。2分もかかりませんでした。
その後「ジール」も歩くルートを少し進んで、そこから離れて暫く行くと、
「向島BS」から「しまなみ海道」に入ります。
バスは「因島大橋」を渡って更に進んで、12:50、終点の「土生港前」に。
乗って来られた殆どの方がココで降りられました。
 → 周りの島への船が出ていて、島内を回るバスにも乗り継げるようです。
戻りのバスまで30分ほど有るので「ブラブラ」。 → 味のある「土生港旅客ターミナル」
涼しいバスの「待合い所」で地元の「お母さん」と「京都観光」で盛り上がって、気が付くと時間です。
来たのはどう見ての「観光バス」です。
 → 個人ごとに「冷房」を調節できて、「リクライニング」のレバーも完備。
帰りも約50分で「尾道駅前」に。
2時過ぎで本当に「夏」です。人出も凄い。
JRを潜って「イオン」で涼んで、「ご飯」とか買って「チェックイン」しました。
日が暮れるのを待って、何時もの様に明日の朝ご飯を買いに「ミスド」に出かけました。
 → 未だ人が一杯。
(写真は、「駒形蒲鉾商店」の詰め合わせ「ジールスペシャルお店の中で」です。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。