2017-06

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四回 (24)「釜揚げうどん 鈴庵」さん

20111128

今日は「気合い」が入っています。
なので「午前4時」の目覚ましで「パッ」と目が覚めました。
 → でも、「ウトッ」として、気が付くと4時半。
「関目神社」で5時半です。 → 「真っ暗」です。未だ「夜」。
「緑橋」辺りで、空が「白らん」できました。
東に進んで、「高井田」まで来ると、「夜が明け」てきて、今日は「曇り空」なのが分かります。
「長田」の手前から、「府道2号線」を南に進みます。
「八戸ノ里」から「近畿大学」、「雅次郎(定休日)」を過ぎて、高速の下を越えて、東に進みます。
 → 八時前後で、「通学・通勤」の自転車が凄い「数・速度・無茶」。
何とか切り抜けながら、南に進んで9時半過ぎに「安堂」です。
目の前に「大和川」が見えてくると、「一段」寒くなった気分です?
今日は「奈良県」に、歩いて行きます。
 → この春に「情熱うどん 荒木伝次郎」さんにうかがったのと途中まで同じ「ルート」で行ける筈。
道路が近鉄「河内国分駅」の方に「大和川」を渡ります。
この前は、ここから別の道(「蚯蚓」が一杯だったり、「蟷螂」、「飛蝗」が飛んできたする
自然あふれる「道路」)を進みましたが、調べてみると「ジール」の勘違いで、
このまま進めば良い様なので、橋を渡ります。
10時を過ぎてお腹も「空い」てきたので、
「何か食べる物」と「国分駅」に隣接している「ライフ」に入ります。
取り合えずと、「トイレ」に向かう途中に、
「和菓子屋」さんの前に出ている「おはぎ」のパックが「旨そう!!」。
 → 出すもの出して、二個(「あんこ」のと「きな粉」をまぶしたの)入りを購入。
「行儀悪い」ですが(スミマセン。)、歩きながら、「パクリ」「パクリ」。
元気に成った所で、真っ赤な「弁天橋」を渡って、「峠八幡神社」を目指します。
「亀の瀬地滑り資料室」を過ぎて「大きな砂防ダムみたいな構造物」を横切る手前で、
いきなり整地された場所に出て、「通行禁止」の看板が。 → 「ありゃあぁ〜!」
「どこかに道は有りませんか?」と周りを見渡すと、すぐ横に「お墓(墓石)」が並んでいます。
「この前来たとき、お墓は通ってないで!」と、「向こうの方」に目凝らすと、「見た様な建物」。
「小径」をそちらに走っていくと、「多分この道(この前に歩いたんは)」。
無事に「峠八幡神社」を越えて、さらに進んで「町中」に出ました。
後は真っ直ぐ歩くだけです。 → 午後1時過ぎに到着しました。
「釜揚げうどん 鈴庵」さん(第3札所)です。
お店にはいると、「カウンター」が左右に延びその向こうが「キッチン」で、手前に「テーブル席」。
「カウンター」に座って「メニュー」を見ていると、「大将」が笑顔で「お得なランチ」の説明を。
 → 「とり天セット」は「食べてしまいそう」で、「日替わりセット」は「青唐辛子..」なので、
「駄目」です。「スミマセン」、いつもの様に「ちく玉天生醤油大盛り」。
で気が付くと「モルツ」もお願いしていました。 → まぁ〜、無事に「峠越え」したお祝いネ。
陶器のコップに「モルツ」を注いで、まず「一杯」飲んで、後「チビチビ」呑みながら待っていると、
目の前で「大将」が「うどん」を掴んで「水」を切って平皿に盛りつけられている様です。
「チョット」待っていると、来ました、「あの皿」が。
「ちくわ」「卵」「大葉」の天ぷら、「大根下ろし」「刻み葱」「酢橘」が「うどん」の上に。
「大きなお皿」なので、天ぷらとかを「空いてるところ」移動して、うどんを摘みます。
そんなに「冷たくない」と云うか、「ぬるい」感じ。
「ツルリン」とした太めのうどんは、「ドンドン」とお腹に。
最後に薬味を乗せて、醤油を掛けて、「グルッ」として終了。
「天ぷら」は残りの「モルツ」のお供に。
「ご馳走様でした!!!!」
「大将」に、「物珍しさ?」からか、「怖い物見たさ?」からか、声をかけていただき、
「巡礼」の事とかを少し、「お話」させていただきました。
(「うどん」を待っているときに、ほかの「お客さん」と話をされていて、
「巡礼」に参加したので、遠くからも「マニア」の方に来ていただくが、
「地元の方」にも来ていただきたいとも話されていました。
 → ちなみに「ジール」は「マニア」では無くて「変人ちゃん」です。)
「お勘定」して、「スタンプ」を押していただき、お店を出ようとして気が付きました。
 → 帰りの「電車の駅」の場所が分かりません。
店の「お兄さん」に尋ねると、「歩いてきた道」を更に進めば「近鉄五位堂駅」が有るそうで、
「急行」で「鶴橋」まで20分程だそうです。
伺った通り「20分程」で「鶴橋」に着きました。
             → 「ジール」の「7時間半」はどうなるんだぁ〜!!
(写真は「ジェイムズ・ジョイス」の「ダブリナーズ」です。
           全部「カタカナ」のタイトルに成ったのでアマゾンで「ポチ」しました。)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。