2015-01

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漸く

20150131

木曜日(29日)「朝の散歩」の「都島」で、久し振りに「ー1℃」。
 → とは云え風が無いのでそこまでは「寒く」は無い様です。
今日から9時出勤なので、「エマール洗い」してから出勤します。
「関目」7時48分の「中之島行き」は青い「トーマスくん列車」でした。
 → ラッキー!!
「京橋」で「2℃」も大丈夫です?
金曜日(30日)も、4時前に目が醒めました。
 → 「朝の散歩」は無い日なので、テレビ録画を見て、7時20分過ぎに「出社」します。
「雪」では無くて「雨」で、チョット「安心」。 → でも「寒い」。
昨日より一本早い36分に乗りました。
「なにわ橋」で「トーマスくん列車」とすれ違います。 → 日によって「ダイヤ」変わるんかな?
「金曜日」で「十三」で終わって、雨も止んだ所で、「イバタ」さんに。
「常温」二杯を、「玉葱と豚の煮たんを玉子でとじたん」と
「ブロッコリーと小エビのサラダ」で「ご馳走様でした!!!」
「梅田」で「アールグレー」で休憩してから、
「お腹が空いたん」でとMBSの道路を挟んで北側の「くら寿司」さんに。
「15分待ち」ときいて、一度外に出るもののやっぱり「一名」の待ちボタンを「ポチ」。
10分位で「十七番のお客様」と呼ばれて「カウンター席」に。
「クルン」と回った裏側直ぐの席です。
早速、千円札を握りしめて「生ビール」の自販機に。 → 「コレ」やりたかったんです!
「湯呑み」に「粉」と「お湯」を入れてから、「タッチパネル」で何品か注文しました。
こちら「独自」の「カバー付」で廻る「お皿」を取り損ねて、
周りを見ると、時代に付いて行けないオヤジを見る目の「若いお姉チャン」が...
 → ヤッパリ場所柄か客筋の「平均年齢」は低そうで...。
「このままでは帰れない!」と暫くお皿が流れるのを待ってから、
「冷静」を装いながら(自分ではそのつもりで...)、再び挑戦します。
理由は不明ながら(?)今度は「スンナリ」と透明なカバーが「パカッ」と開いて、
「お皿」を取り出せました!
「タッチパネル」で頼むと、「カバー」の無い高くなった台に載ってくるので、
その後はそちらに専念して、「九皿」と「茶碗蒸し」で「ご馳走様!!!」です。
帰り道の「丸善・ジュンク堂」でハードカバーを一冊買って帰る「ジール」でした。
今日(31日)の出発は「5時の予定」が5時半を過ぎてしまいました。トホホ...
 → いつもの事ですが。
昨日の夜に「直ぐに寝て2時に起きて準備しい!」と「家の奥さん」の「指令」が下りて、
何とかの出発です。 → 「有り難うねぇ〜!!!!」
「関目神社」から、「今里筋」を南に。「大今里」で6時45分に。
「杭全」の交差点で7時10分。
「エレベーターの歩道橋」は渡らずに「府道25号」を南東進みます。
「雨」に「雪」までチラツく「寒〜い」天気でしたが、
9時頃に「大和川」に突き当たり、沿って東に進んで、
「河内国分」の「ライフ」は9時半過ぎで、
「トイレ休憩」の後に「マカダミアンチョコ」と「ミルクティー」を買いました。
 → 京都帰りみたい!
9時45に出発して、「奈良」を目指し更に「25号線」を進みます。
今日の「弁天橋」はこの前の様に鮮やかな朱色ではなくて、かなり「竦んで」来てました。
ここから府道と分かれて、細い道を進んで行きます。 → 「歩道」が無くなるので。
10時半には「峠」を越えて無事に「奈良県」に入りました。
「砂防ダム」みたいな所を過ぎて、坂を下ると「住宅街」に。
「大和川」を渡って、また川沿いに進みますが、
次の「信号」で「東」に折れて道沿いに進むと「グルッ〜」と曲がって「南」向きに。
「信号」を二つ越えてから、「お寺」の南で又「東」に折れます。
又道沿いに進むと「南向き」に。
「川」を渡って、「高速」の下を潜って、「ズ〜ッ」と進んで、
少し横道にはいると11時50分にスーパー銭湯「虹の湯西大和店」に着きました。
 → 「混ん」でました、「駐車場」も「お風呂」も。
「露天風呂」には出ませんでしたが、「ブクブク・ブクブク」の座り湯にはお世話になりました。
半時間ほどで上がりましたが、12時20分で早いんで時間調節して向かいます。
今日は久しぶりの「歩き鈴庵」です。
ここ二回は「近鉄電車」でおじゃましていたんで、
「今度は!」と「2014年中」の予定でしたが遅れて今日になりました。
 → 何とか「1月中」で許してください?
半時間弱で到着しました。
「順番待ちの紙」に「名前」と「1名」と「どちらでも(「カウンター席」か「テーブル席」)
 → 一人で「テーブル」は無いでしょうが...」
5組ほど待ってられる様で、駐車場の車の中にも何組かおられました。
10分程で中に入れました。
「カウンター」一番右の席で、正面の「大将」と目があって「お久し振りです」
「とり天生醤油の大盛り(冷)」をお願いしました。
「風呂上がり」も有ってか、「ウトウト」しかけた所で「うどん」です。
「とり天」四個に「薬味」と真ん中の「温泉玉子」を避けて、
「ツルリン」な「うどん」を掬って「お腹」に落としますが、
「不器用」な「ジール」は、初回に「温泉玉子」から「黄身」が「ドロリ」と流れ出て、
「小麦の薫り」がチョットした所で、黄身の蛋白な香りに負けてしまいました。
一度そうなると元には戻らず、うどんを落とす度に同じ事の繰り返しです。
でも、「ツルリン」な喉越しが更に「ツルリンリン」になって? → それも悪くは無いかなぁ...
最後の「モグモグ」も忘れて、「とり天」に。
「脂っこさ」が無くて「とりの味」が広がります。
追加で「生醤油うどん」の冷たいんとも考えましたが、外は雪も「ちらほら」ですし、
「生醤油うどん(温)」にしました。
「大盛り」も行けそうですが、無理して食べても美味しく無いし、
「バチ」が当たりそうで「普通」でお願いします。
今度も「ウトウト」しながら待っていると、「大きな平皿」を、
「大将」からカウンター越しいただきました。
「食べよう」!と「器」の上に顔が出て行くと、美味しそうな「麦の薫り」がしてきます。
「釜あげ」の様に「フーフー」する程では無くて、「温」です。
「モッチリ」していても「ツルリン」も有る「うどん」を「お腹」に。
「酢橘」を絞ると、直ぐに「薫り」が上がってきます。
「醤油」を「タラリ」で、こちらも「良い香り」です。
「温」も美味しいです。
 → これやったら「大盛り」したら良かった。 と「後悔」する「ジール」です?
「ご馳走様でした!!!!」
「満足」して「五位堂駅」に向かいますが、また「雪」が「チラホラ」と。
「今日」は一日続きそうです。
「大阪方面」とは反対の電車に乗って「桜井駅」を目指します。
「中断」していた「歴史街道」の五カ所になります。
「区間急行」で20分程で到着しました。
「改札」を出ると「案内所」に、直ぐに見つかって「ポン」します。 → あと一つです。
「雪」もチラツいていて、もうすぐ15時なので、真っ直ぐ「乗車券」売場に。
「ホーム」に上がって今度は「大阪方面」の「区間急行」に乗りました。
今回は、ほぼ「各停」で1時間程で「鶴橋」に。
「腹ごなし」にと歩いて帰りますが、やっぱり大阪も「寒い」わぁ〜!
(写真は、救急絆創膏の「ケアリーヴ」。
   擦り傷には「バンドエイド」の世代ですが、最近はコチラが主流の様です。
                  → チョット、「ぐっすり」眠れそうな商品名です?)
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。