2013-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪好っきゃ麺 2013(15)うどん居酒屋麦笑 さん 再び

20130530

昨日(29日)、お昼にいつもの「あんパン」を食べ、歯を磨いた後、「窓」から南の方を見と、
「あべのハルカス」左の方、少し山を上がった辺りに、「白い」塔が見えました。
このところ、「晴れ」なんですが、白い「靄?」か「霧?」で「あべのハルカス」より向こうが、
良く見えなかったんですが、雨上がりで空気が澄んでいた様です。 → PLさんの塔でしょうか?
今日は、「梅雨空」で、会社から外を見ると、
「ハッキリ」見えるのは「本町」辺りまで、「あべのハルカス」もミルク色の空の中です。
お昼に「歯磨」き後の「Ora2」が無くなったので、80ml入りの分を買いに行きました。
「昼休み」に初めての「エレベーター」です。
朝に「パン」を買う地下の「ローソン」では以前に買ったことが有りますが、
13Fまで「エレベーター」で降りて、今度は「エスカレーター」で12F。
こちらの「ローソン」にはいると、お店の端から端に「グル〜ッ」とレジ待ちの列が。
「ジール」は絶対にこんなに待ってまで「買い物」は出来ないと思いながら、
「肝心の物」も見つからず、また「エレベーター」で1Fに。
そして「エスカレーター」でB1Fに。
こちらの「ローソン」は空いています。「Ora2」を買って、戻ります。
13Fからの「エレベーター」には、待ちの列が出来ていましたが、
「エレベーター」が一度に2台くれば大丈夫でした。
夕方、ようやく「あべのハルカス」が見えてきて16時半。 → 今日も定時で。
「肥後橋駅」から「南」に一駅。「本町」で乗り換えて「中央線」で「西」に。
「谷四」の次「森ノ宮」に。
改札を出てJRの方に、地上に上がると、ちょっと東に、「岡室商店」さんです。
午後5時過ぎで未だ空いてます。
「大将」に「ココ。ココ。」と指さされて、「おでん」の鍋の前に。
「馬鈴薯」と「厚揚げ」で「大瓶」です。
出汁の「シュン」だ「おじゃが」に、油が「涼し」い「お揚げさん」。
入ってこられた方が、「しょうが」の天ぷらを頼まれたので、お店の「お母さん」にうかがうと、
今ので終わりとの事で → 「三度豆」と「南京」の天ぷらと「常温」。
天ぷらは、おでんのお汁を掛けていただきました。
お汁が美味しくて、お酒も「アッ」と云う間です。
「ご馳走様!!!!」
JRのそばの「TOROJA COFFEE」に入って紅茶で「一休み」。
 → そろそろ、午後6時で、お店を出ます。
JRの東側を南に少し歩いて「サクラクレパス」を過ぎて、東に折れると到着です。
「うどん居酒屋 麦笑」さんです。
お店にはいると「一番」です。 → 入って直ぐのテーブルに。
「穴子天ひやかけ」の大盛りをお願いします。
それから、今日の「ご用時」です。
「おおさか好っきゃ麺」の記念のタオルをいただきました。
トッピング無料券までつけていただきました。 → 「ありがとうございます!!!!」
15分程で出てきました。極太の「ツルン」とした「ウドン」をお箸で掬って、口からお腹に。
堅めの「喉越し」で、「ツルン」と落ちて行きます。
お汁が絡んだ「ウドン」が「ドンドント」と消えて行きます。
最後の「一掬い」は、「ユックリ」と噛んでお腹に。
「お汁」を飲み干して、次は天ぷらです。
「サクサク」の「穴子天」に「カボチャ」「おくら」と... → 「ご馳走様でした!!!!」
笑顔の「大将」に見送られてて「駅」に向かいますが、
その途中に、やっぱり「森ノ宮」に来たんやからと「備前」さんに。
今日も「常連さん」がお一人でした。
テレビの前に座って、「常温」を。
「カウンターの上」の中から「一口コンニャク」の煮たやつを。
「お母さん」から、「ピリ辛」との事でしたが、お酒に丁度でした。
「ごちそうさまでした!!!!」
地下鉄を乗りついで帰る「ジール」でした。
(写真は、またまた「ユニクロ/GU」で「ポチッ」です。
    → Tシャツと半パンとランニングが二枚ずつです。
          赤いTシャツと赤に黄色の半パンが気に入りですが一緒には着ません!!)
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。