2012-04

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もグル~ッと(三日目)

20120430

天気予報通りの「どんより」とした空模様で雨が降ったり止んだり。
 → それでも「ジール」は4時過ぎには目が覚めました。 → ヤッパリ「お爺ちゃん」やん!!
7時半に「朝ご飯」を食べて、「バス」の時間に合わせて出発しました。
 → 今回は天気も「こんなん」で、歩くのは「また今度」にしました。
途中雨が本降りになりましたが、殆ど上がって、8時20分過ぎに「伯方BS」に着きました。
今日は「振り替え休日」でダイヤの少なく、次は8時56分です。
横のコンビニでお茶とチョコを買って、バス停に戻って、何気なく「胸ポケット」に指を入れると、
「何か入ってる」 → 取り出してみると、「ひらめ」の部屋の鍵です。 → しまった!!。
精算の時に返そうと思ってここに入れていました。
「スッカリ」忘れてた。 → 返しに行きましょう。
「宿」迄を往復して「オーミングアップ」完了で9時32分の「急行バス」に乗りました。
乗っておられたのは20人ぐらいでした。
そして、雨に中、バスから外を眺めていると、「来島大橋」を歩いておられる方は11名で、
 → これは自転車に乗っておられた方より多かった。「ビックリ!!!」
終点の「今治桟橋」迄乗って、
走ってきた「ジール」を見て待っていてくれた「運転手さん」にお礼を云ってバスを降りました。
向かいの「松山行き」の乗り場で切符を買って、売場のお母さんにどこで降りるのか教えていただき、
10時30分の「特急バス」に乗りました。
山間部に入って「長が〜い」トンネルを抜けると「松山」に、急なカーブを繰り返して「道後温泉」に。
11時半過ぎに「なんとか小規記念館前」で降り、クルッと回ると「道後温泉」の「アーケード」に。
突き当たりを右に曲がって進んで行くと、テレビでもよく見る「道後温泉本館」の建物がむこうに、
見えてきました。
入り口まで進むと、係りの方が、何とかかんとかの二階(?)なら空いているとのこと。
 → それにします。「はい」
係りの方に従って、突き当たりの左の階段を二階に上がります。
すぐの「狭めの畳敷きの部屋」に入ると、こちらの係りの方から色々と「ご説明」が。
「貴重品」はロッカーに入れて、用意された浴衣にタオルと着替えを持って「小さめの」浴室に。
天井のガラス越しに外の光は入ってきますが、薄暗くて「由緒有り」気なお風呂です。
体を洗ってから、湯船につかります。 →  「ホッ」としますね。ヤッパリ!
脱衣所の扇風機で体を冷まして「浴衣」を着ます。
広間に戻ると、もう一つの「お風呂」に案内しますとのこと。
 → そう云えば、そんな話を聞いていたような気が...。
今度はもう一つ階を降ります。
広〜い脱衣場に出ました。今着たばかりの浴衣とパンツを脱いで、右側の浴室から入ります。
夏目漱石の坊ちゃんで有名な「あのお風呂」の様で、貼り板が有りました。
すっかり「ホッ」として、広間に戻ると「お茶」と「煎餅」が出てきました。
 → 甘いお菓子と渋めのお茶で、これもまた「ホッ」としました。
「ヤッパリ」これでしょうと、記念にタオルを買って、外に出ると、すぐの「道後麦酒館」に。
「座敷」に座らせていただき、「黒ビール」です。
じゃこ天と色々入った蒲鉾を「あて」に、限定の白いのと琥珀色のを追加(250mlずつですヨ。)。
外に出ると、雨足がまた激しくなっていました。
 → 「アーケード」を元に戻ります。その向こうには、「市電」の駅舎が見えます。
「松山市駅」行きが止まっていましたので乗り込みました。
「大街道」で降りて「アーケード」に。少し進んで左に折れてすぐ、目的の「お寿司屋さん」です。
 → 先日「家の奥さん」とテレビを見ているとちょうど「道後温泉」の番組でこちらのお店が出ていて、
「食べに行くように」との指令が出ました。
その時に食べていたのを、そうめん付きのセットで願いしました。
思ったより美味しかったです。そうめんも。
折角なので、「アーケード」を端まで行くことに。
大きな道路を越えると(ここは、アーケードの下にも信号機が有って、濡れなくて便利ですが、
ここは「傘」が要ります。)名前が変わりましたが、右に90度折れて、端まで行きました。
「松山城」のお堀端まで戻って、「市電」に乗って「JR松山駅」に。
もうすぐ14時です。切符を買って3番ホームに出ると、30分過ぎの電車になるようです。
待っていると向かいに特急「アンパンマン列車」が入って来ました。
少しはやめに、二両連結の列車が到着しました。待ていた人数は座席の数の六割位でした。
雨の中、山間から海岸線沿いを、途中に、結構な数の短いトンネルをくぐりながら、
「波止浜駅」から「今治駅」に1時間チョットで着きました。 → 雨はもう少しで止みそうな空模様。
予約した駅前のホテルにチェックインして、送った荷物を受け取り、部屋に。
昨日買った洗濯石鹸を使って、ひと段落で、「出発」。
「市役所」の通りまで進んで東に。大きな川を渡って、更に「グングン」。
コンビニの手前、「きたむら自転車」さんの裏を見ると「鳥居」が見えました。一礼して其の隣です。
「十円寿司」の暖簾が掛かっています。
 → こちらは、3月か4月に有名なグルメの方のサイトで写真を見て、
「今年は今治で一泊だからうかがえるんちゃうん?」と。月曜日は定休日ですが、
祭日は営業とのことで「振り替え」もやろナっと。
先客が一名おられて、「スポーツ紙」片手に「十円寿司」の皿をつまんでられます。
カウンターの向こうでは、「お母さん」が「吸い物」を出されるところでした。
「十円寿司」と「吸い物」をお願いします。直ぐに「通い慣れたる」なお父さんが入ってこられて、
「吸い物は無しで二皿」を頼まれました。
「お母さん」がどこから三皿分を持ってこられて、甘ダレを一列乗せて、「ジール」に一皿、隣に二皿。
 → でも、本当に写真で見たまんまです。
その後、「お吸い物」が出来上がりました。 → 大きめの「つみれ団子」がゴロゴロです。
暫くすると「お父さん」もカウンターの中に出てこられました。
勿論小ぶりですが、25個食べれは、それなりにお腹はふくれました。
合わせて475円。 → これ以上何を求めるでしょうか?「ご馳走さまでした!!!」
「お母さん」の一生懸命な笑顔が心に残るお店でした。
来た道を戻って、駅の手前で西に折れます。JRを越えると「図書館」が有りました。
 → 今回は「スルー」。
真っ直ぐ歩いて、歩いて、右手の学校を越えて「コンビニ」の角を西に曲がります。
真直ぐ行くと、向こうに「イオン」の看板が見えてきました。
「イオン」と「コーポ」の間を進んでいくと、大きな交差点を渡って、
「グニュウ」と行くと見つかりました。 → 「しまなみ海道」の今治側の端が。
もうすぐ7時ですから暗くなる前に「いい爺」はお家に帰らないと...。
でも、チョット「イオン」で「お買い物!」「お買い物!」。
こんどは、JRに向かって「真っ直ぐ」「真っ直ぐ」。
JRの線路を潜る頃には「夜」でした。駅の周りにあんまり「お店」が見つからなくて、
駅の下の「おみやげもん屋さん」兼のコンビニに。
ビールにノンアルコールビール(?)に麦茶をかってホテルに戻ります。
さて「もみじ」の入浴です。 → 浴槽に「お湯」を貯めて、「もみじバブ」を「チョポン」。
暫く外で待って、興味津々で湯船を覗くと、「アレッ?」 → 何か少し「黄緑色」。
イメージが違うような? → でも、どんなイメージ? → 「秋色」?「紅葉色」?「天ぷら色」??
湯に浸かると、木の香りがしてきます。ゆっくりつかって「疲労回復」。
(写真は、今日、大活躍の「オレンジの児童用55cm傘」です。
                        → 大きさも「ジール」にはちょうどイイ!!!)
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。