2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016兵庫ラリー 八軒目『麺八一馬』さん とか

2017/07/31

今日(31日)は、6時55分に出発します。
えらいもんで、耳に痛い「蝉の声」も慣れてきました。
「関目神社」から「関目高殿」に。
7:14に乗って「東梅田」に。
「阪神電車」に向かいます。
7:27発の「直通特急姫路行き」に。
 → 「座席」がほぼ埋まるぐらいで出発しました。
「新開地」で「トイレ」に寄って「神戸電鉄」に乗り換えます。
8:22発の「粟生ゆき普通」に。 → こちらは空いてました。
終点まで、「一番後ろの車両」は、20名は乗ってませんでした。
「列車」の中で、「乗り換え」を調べると「JR加古川線」の「西脇市」行きは、
9:36でその次は11時過ぎになります。
9:20分を過ぎても、未だ3駅有りました。
「心配性」の「ジール」は「間に合うのか」と「ドキドキ」していましたが、
やっぱり「連絡」しているみたいで、9時半には「粟生」に着いて、
「神戸電鉄」分を精算して、「JR」の切符を買っても未だ時間が有って、
日陰の殆ど無い「ホーム」で1、2分待つことに。
10時前に「西脇市」に。
「トイレ」に寄ってから、改札を出ましたが、早すぎるんで「駅の待合い」で休憩です。
確か先月に「らぁ祭」で、一度来てます。その時に「場所」も確認しているので「大丈夫」です?
「らぁ祭2016兵庫ラリー」の8軒目は「麺八一馬」さんです。
「地方卸売市場」の敷地内のお店で、
「生鮮品」の「直販場」が隣にあって、そちらに来られた方の「乗用車」が「駐車場」に並んでいます。
10時50分に着きましたが、今日も日陰でベンチも有って、
「心地良い風」も通るので「ユックリ」と待てました。
お店の準備で出入りされる「大将」に言葉を掛けていただいて、
「冷たいおしぼり」を出していただいたりで、時間が来て「暖簾」を出されました。
「カウンター」の一番奥の「壁際」!に座って、「一馬の白」をお願いして、
「ラー祭PASS5」で「チーズ」のトッピングをいただきました。
「ポン!」もいただいて、しばらく待って、大きく開いた「白い丼鉢」が来ました。
器の縁の部分に「梅のソース」が「山並み?」か「カモメ?」の様に乗せられていました。
 → 「赤色」が入ると、何か食欲わきますねぇ〜?
「油」は「ピーナッツオイル」でお願いしましたが、よく判りませんでした?
麺は「真っ直ぐ」と「手揉み縮れ麺」の両方を頂くことができました。
黄色い「ツルン」な麺は、どちらも
「喉越し」良く「お腹」に。
縦半分の「玉子」は、「プルトロ」でした。
「チャーシュー」は3枚で、「鴨の薫製みたいなん?」と
「鳥の白いん」(「梅のソース」が良く合います。)に、
「普通のん」はしっかり「肉」してました。
「お汁」は「醤油味」でしっかりと「お出汁」も利いていて美味しかったんですが、
次第に「溶かしたチーズ」が利いてきて「イタリアン」な感じに...。
「両手」で飲み干して「ご馳走様でした!!!!」
ちなみに。このときカウンターに並んでいた「ジール」を含めた4名中3名は、
「ポン!」の方でした。 → もう一名は「不明」です。
「直売所」を「ブラブラ」して「駅」に戻ると12時少し前でした。
12時半頃に「加古川行き」の列車が到着島jした。
 → 車内に入ると「涼しい〜!」
「粟生」で神戸電鉄の13:10発の「新開地行き急行」に。
 → こちらは「節電モード」でした。
「新開地」で14:18の「阪神梅田行直通特急」に。
 → 左窓側の席に座れました。
「魚崎」で降りて、駅の南側に出て、そのまま南に進みます。
国道の下をトンネルで潜って、さらに進むと、「電柱」に「案内」が出ていました。
大きな道路に出たら東に進むと着きました、
「5社私鉄ポン!」「阪神電車編」の「浜福鶴吟醸工房(伝統産業 食・グルメ)」さんです。
お店の中で「ポン!」できます。
当たり前ですが、お酒が並んでました。
今回は、「名物大吟醸ソフトクリーム」で我慢することに?
滑らかで美味しかったんですが、
「2ビットの舌」には「大吟醸」は確認できませんでした。「スミマセン」
駅に戻って、「冷房」の利いた「待合室」で「ホッ!」としてから、
15:17の梅田行き直通特急に。
「もう一箇所」のつもりでしたが
時間も有るし、明日から会社も有るので真っ直ぐ帰ることに。
「東梅田」から谷町線で「関目高殿」について上に上がると、
妙に「涼しい風」が吹いていて、北から北東の空が暗くなっていました。
「雨」来そうです。
 慌てて帰って「シャワー」を浴びた所で、外から「大きな雨音」がしてきました。
 → 「良よかったぁ!」
(写真は、「腰に引けた信号のボタン」です。
             「引っ込み思案」やなぁ〜! → そのままやでぇ〜?)
スポンサーサイト

2016滋賀ラリー 八軒目『幻の中華そば加藤屋 めん食堂』さん

2016/07/30

今日(30日)も「4時起き」でしたが...
 → ちょっと「二日酔い」で、何故か左の「脹ら脛」が「痛い」。
「湿布」して「コーラ」飲んで、6時過ぎに動き出しました。
「関目」から7:45の電車に乗って、「30℃」の京橋で「淀屋橋行き」に。
「淀屋橋」で8:00発の出町柳行き特急に。
「一番後ろ」は無理でしたが、西側窓際に。 → 45分程で「七条」に。
いつもの道を歩いて「JR京都」に。 → 9:07の「米原行き普通」に間に合いました。
「土日」は空いてます。半時間で「守山」に。
駅の西側の「西友」の通りを今回は逆に進みます。「吉身五丁目」で左斜めの幹線道路に入ります。
「ジール」でも知っている有名なお菓子屋さん(ハリエ?)の前を通って、
「八代南」の信号で左めの道に。
直ぐの、信号の無い「車道」を渡ると、狭い道になります。
「駅」から20分ほどで到着しました。
「らぁ祭2016滋賀ラリー」の8軒目で最後の一軒は「幻の中華そば加藤屋 めん食堂」さんです。
入り口前の「流し?」で「手と顔」を洗って丸椅子に座って待つことに。
 → 日陰で風も通って「ユックリ」できます。
11時になり、「暖簾」が出て始まりました。
直ぐのカウンターの右端!に。
「幻の中華そば(まぼちゅ〜)」をお願いします。
「ポン!」をいただいて、「丼交換券?」や「缶バッジ」に「ラーパッS5」を受け取って...
 → していると「白いお皿」に「白い丼鉢」がやって来ました。
細目で「プリン」として、黄色いの「縮れた麺」を「お腹」に。
絡んだ「お汁」も「イイ」です。
細長い「メンマ」は、丁度の「歯応え」で、
「チャーシュー」は二枚で、シッカリ「肉」していて「脂身」も「イイ」。
「丼鉢」を両手で持って「お汁」を飲み干しますが、
「しょう油味」で「お出汁」も利いていて「美味しい」。 → 本当に「中華そば」です。
「ご馳走様でした!!!!」
「守山駅」に戻って、11:48の新快速に。
今日は、これから「5私鉄ポン!」の「近鉄編」です。
取り合えず、「近鉄京都駅」を探すのに「ウロウロ」。
 → 上に上がって「改札」でれば良かった様です(「多分」ですが...)。
取り合えず12:28の「普通」に乗って二駅で「十条」に付きました。
改札を出て、右(西)に進むと、いつも京都まで歩く「一号線」に出ました。
さらに進んで到着したのが「おたべ本館(食グルメ)」さんです。
予約すれば「おたべ」を自分で作ったり出きるそうですが、
今日は「別館」に入って右側で「ポン!」。
駅に戻って、12:58の「普通」に。
「桃山御陵前」で「急行」に乗り換えて「近鉄郡山」に。
駅前の案内図で確認して、商店街をJRの駅の方に。
 → 「学校」が近くに有る様な駅前です?
二つ目の信号の所に、案内板が出ていました。
左に曲がって少し行くと左の路地に見つかりました、
「箱本館「紺屋」(伝統産業)」さんです。
「金魚の意匠」の工芸品や日用品の展示や藍染体験が出きる様です。
「休憩室」で「ポン!」して駅に戻ります。
14:20の「普通」に乗って、「大和西大寺」で乗り換えて、
14時40分頃に「奈良」に到着しました。
後は東に歩きます。
夏の午後の「日差し」はキツくて、「観光地」だけ有って、
人でも多くて、「外国からの方(いろんなこ国からの)」も多くて、おまけに「鹿」まで居ます?
で、 「春日大社(パワースポット)」さんに到着しました。
「御本社」の受付の横で「ポン!」して駅に戻ります。
久し振りに「家の奥さん」に「お土産」を買って帰る「ジール」でした。
(写真は、「グリコと映画『ONE PIECE FILM GOLD』がコラボ!」の
   「いちごポッキー」と「プリッツサラダ」です。
     → 「赤い袋」の「ポッキーチョコレート」も有った様で。欲しかったなぁ〜?)

2016滋賀ラリー 七軒目『バリバリリョニー竜王店』さん

20160727

今日も4時前に目が醒めました。22時過ぎに寝たから、5時間は寝てるから、大丈夫かなぁ〜?
 → 「夏バテ?」気味でチョット不安な「心配性」です。
今日は「関目」から6:33に乗って「京橋」で「淀屋橋行き」に。
「トイレ」に行って戻って来ると、6:50の出町柳行き特急は乗って来た「緑の電車」です。
ちょっと迷って7:00を待つことに。
で、 やって来たのが「緑の電車」。
 → そんなに急がないので「もう一本」待つことに。
何か様子が変やと後ろの3ばん乗り場の表示を見ると、次の特急は「こっち」みたいです。
幸い、「お一人」しか並んでられ無かったんで、
7:12発の「出町柳行き特急」の一番後ろの左窓側に座れました。
8時前に「七条」に到着して、「トイレ」に寄ってから、「JR京都駅」に向かいます。
8時半前の「米原行き普通」がホームに停まっていましたが、
そんなに早く行っても「アレ」なんで... → 9時か9時半で十分です。
「駅の中」を「ウロウロ」してからホームに戻ります。
 → 今度食べたい「モーニング・メニュー」も見つけました!
9:32の米原行き普通に。 → 「12両目」は空いてました。
40分弱で「篠原」に到着。
駅の北側の「国道」を真っ直ぐに行くと近いのですが、
電車の中でiPhoneで「ストリートビュー」を見ていると
(最近、なんとか使える様に成ったんで...)、
歩道も無くて危なそうで、西側を「グル〜ッ」と回って行くことに。
でも、南口を出ると出来立てみたいな「真新しい道路」が南と東に?
取り合えず地図に載っていた東に歩いて、突き当たりを南にで、
そこから西に「グル〜ッ」と回って(ここら辺も「真新しい」)、
「新幹線」を潜って道なりに進んで「大きな道」にぶつかったら、
道なりに東に(歩道が無いところは「わき道」を歩けました)。
最後にちょっと迷いかけましたが、結局「西横関」の交差点を越えて東に進むと直ぐでした。
「らぁ祭2016滋賀ラリー」の7軒目は、「バリバリリョニー竜王店」さんです。
11時10分過ぎでしたが開いてました。
広い店内ですが、カウンター席の端が空いてました!
お店のお姉さんが来られてので、
メニューに「人気ナンバーワン」と書れていた「バリとんラーメン」をお願いします。
「ポン!」をいただいて「トイレ」に行って暫くで、「銀のお皿?」に乗って出てきました。
「紺色の丼鉢」に刻んだネギがタップリの、見るからに「とんこつ」な「お汁」です。
太めの「ツルン」な「黄色い麺」は喉越し良く「お腹」に。
「のり」の後は、大きな薄目の「チャーシュー」が二枚。
しっかり「肉」していて、「噛み応え」もシッカリしています。
「葱」の「歯応え」と「香り」をアクセントに「丼鉢」を両手で持って「お汁」を飲み干します。
「ご馳走様でした!!!!」
帰り道は、はじめに「東西南北」で迷いましたが?、その後は「順調」で?、
12:30の普通に間に合いました。
「混ん」でましたが、二駅めで座れて「ホッ!」。
「京都」で降りて、「京都タワー」B3Fで「ひとっ風呂」と
地下街から入って「エレベーター」に。
「通路」を歩いていると、「ピィーピィー」と音がしていましたが、
「お風呂屋」さんからでした。
毎月26日は「限定の湯の日」だそうで、
昨日(7月26日)は「アヒルちゃんの湯」だったそうで、
「アヒル村長?」のお風呂に浮かべる「オモチャ」がいっぱい浮いてたそうで、
その水抜きされてました。
帰るときも「ピィーピィー」でした。
 → 至ってマジに真剣な顔でされているので、「笑顔」になれました。
 → 「ありがとうございます」
「チョット」寄(酔)って行きたいなぁーと、
昨晩見つけた「酒屋さん」を見に行くも「夜だけ」の様で閉まってました。
「それでは」と、といつも見ているお店はお昼は14時までで、
こちらも「準備中」の札が出ています...
「喉の渇き」は「京阪七条」の260mlのチビこい「コカコーラゼロ」で何とかして、
14:16の淀屋橋行き特急に。
青い「3000系」車両でしたが。一番後ろの一列だけの左窓側に座れました。
「京橋」は「37℃」でしたが、串カツの「まつい」さんに。
奥のカウンターに入れました。
珍しく、「温澗」は頼まずに、「生中」と「レモン」で
「ハムかつ」「レンコン」に「アスパラ」で切り上げて、
「Aープライス」で「ちゃな豆」とかを買って帰る「ジール」です。
(写真は、「京阪七条」から歩いて、
   「JR京都駅」に向かう「地下道」を降りた所にある「丸柱」です。
 「何様式」か「ジール」には判りませんが、この端に「一本」だけ有ります。
  これ抜いたら、地下道の天井が「ダラダラダラっ」と、
   順番に落ちて行きそうで、やってみたい衝動に駆られます...
                      → 「抜け」ませんけどねぇ〜?)

2016京都ラリー 四軒目『あいつのラーメンかたぐるま』さん

0016

今日(26日)は、昨日(25日)より早く「会社」を出られたんで、
「一本早い」16:50の特急が着く前に「淀屋橋」の「ホーム」に着きました。
直ぐにやってきたのは、 → 「緑の列車」でした...。
毎朝、通勤でお世話になっているので、「ありがたい」んですが...
「横向きの長いシート」に座ったものの、何か違ってたんで、
次の17:00を待つことにしました... → 「スミマセン」
今度は先頭に並んで一番後ろの左側の窓際に。
今日も「七条」で降りて「西」に。
「JR京都駅」に向かう地下の入り口は過ぎて、「堀川」「大宮」と過ぎて、
今日は「JR」の高架も潜って、更に進んで、「七条御前」の交差点で北に曲がります。
「花屋町通」を横切ると到着しました。
「らぁ祭2016 京都ラリー」の4軒目は、「あいつのラーメンかたぐるま」さんです。
 → 昨日より15分程遠かったです。
お店にはいると、二等辺ぐらいのL字のカウンターは16、7名が座ってられます。
その後ろに待ちの丸椅子が10脚位で。その8番目辺りに座ります。
直ぐにお店の方が「注文」を取りに来られたんで「とんこつ塩ラーメン」をお願いしました。
順番が来てカウンター席に。
「ポン!」をいただいて待っていると、白いお皿に背の高い白い丼鉢で出てきました。
少し縮れ気味で、「プルン」と太めの「黄色い麺」をお腹に。
縦半分の「玉子」は、「プル・ドロッ」で、「メンマ」は「角材系?」でしたが、
食べると「生姜」 → と云うか「生姜糖」の味がして、「すんなり」噛みきれます。
「レアー」ぽかった「チャーシュー」は、初めに「お汁」に沈めていたので、
ちょうど火が通った様で、しっかり「肉」していて、「噛み心地」も十分です!
小口切りの「浅葱?」が浮いた「お汁」を、両手で「丼鉢」を持って飲み干します。
「ご馳走様でした!!!!」
来た道を戻りますが、
「七条通」に出た頃から「パラパラ」と霧のような「雨」が落ちてきたかと思うと、
「あっ」と云う間に本降りになり、何んか「ネトネト」で「七条駅」にたどり着きました。
 → 今日も、寄りたくなる「酒屋さん」を見つけましたが、「また今度」に。
19:27の「淀屋橋行き特急」は、座れて良かった!
「関目」に着くと、雨は降っていませんでしたが、
「パラパラ」と落ちてきたんで、慌てて帰る「ジール」でした。
(写真は、「A-プライス」の「きねうち冷麺」と「冷麺のタレ」です。
    「タレ」についてる「真っ赤な甘辛の味噌」が「ツルン」な「麺」によく合います。
     → 「麺」ばっかりみたいですが、「ご飯」も「パン」も「シッカリ」食べてます。
                                  → 食べ過ぎか....?)      

2016京都ラリー 三軒目『拳ラーメン』さん

0015

今日(25日)は、17時40分過ぎに会社を出ます。
京阪「淀屋橋」のホームに降りると、「出町柳行き特急」は「車内清掃中」でした。
直ぐに「乗車位置」に動いて「扉」が開きました。
一番後ろは駄目でしたが、窓側に座れました。 → 「ホッ!」
45分少しで「七条」に。
「トイレ休憩」に後、階段を上がって「七条通り」西に進みます。
 → 「昨日」と同じです...
勿論、「JR京都駅」に向かい「地下街」には降りずにそのまま真っ直ぐです。
「七条堀川」から「大宮七条」をすぎて、正面に「JR」の高架が見えてきたら到着です。
 → 25分弱でした。
「らぁ祭 京都ラリー」3軒目は「拳ラーメン」さんです。
確か「ポン!」で一度うかがった覚えがあります。
L字のカウンターは、空きが無く、手前の大きなテーブルに空きがあって、
壁側の真ん中に座りました。
「拳ラーメン濃い」をお願いします。
暫く待って「白いお皿」に載ってやって来ました。
外側は赤く、内側は白で「拳」の文字が「お汁」から少しはみ出ています。
細目で真っ直ぐな「黄色の麺」は、こぎ味良くのどを通って行きます。
角棒みたいな「メンマ」は、「コリコリ・コリコリ」。
「チャーシュー」は二枚で、しっかりと「肉」してます。
「のり」に「白ネギの刻んだん」と、紫色も有った「玉葱のざく切り」は甘みが広がります。
「丼鉢」を両手で持って飲み干した(「フーフー」しながらですが...)「お汁」は、
「醤油」濃いめですが、「何かのうまみ?」がして辛すぎはしませんでした。
「ご馳走様でした!!!!」と「ポン!」もいただいて来た道を戻りますが、
すっかり「夜」になった「町並み」に「提灯」がともって、
「誘惑?」に負けないように真っ直ぐ前をみて駆け足の「ジール」でした?
お陰で、19:07の淀屋橋行き特急に間に舞いました。
「天神祭」の「大阪」に帰ります!
 → 19時50分前に「31℃」の「京橋」につくと、
「警察官」の方が二人一組で「駅構内」を「パトロール」されていました! → 何か「デンジャラス」?
「関目」で「改札」を出て、「信号」を渡って、「アーケード」に入ると、
大きな音で「ドォ〜ン」と花火の音が鳴り響きました。
(写真は、「防臭下着スプレー デオインナー」が突然「の製造中止報道?」で、
   「その代わり候補?」が「有力」な「HYGIA 除菌・消臭スプレー」です。
     「爺臭」は何とかしないと、「平穏な社会生活?」は送れませんから...。
        → 流石に「除菌・抗菌」だけ有って「化学臭?」かと思ったら、
               「ほのかなミンティーグリーンの香り」だそうでう...)

«  | ホーム |  »

プロフィール

ジール

Author:ジール
真っ赤なマントもちょうちん袖の王子様服も
着ていませんが、
お気に入りのカエルのケロチャン枕と
オレンジの甚平姿の爺です。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。